東京で会社設立するなら!依頼先は?相談先は?

これから東京で会社設立する際には、さまざまな疑問点が浮上するでしょう。
どこに依頼をすれば良いのか、会社設立のためにどのくらいの費用がかかるのか、東京でオフィスをどうすれば良いのかなど考えるべき点はたくさんあります。

そこで、この記事では東京で会社設立する際の費用と内訳、依頼先・相談先のおすすめなどを説明します。
東京で会社設立をする際の参考にしてください。

東京都で会社設立した場合の費用と内訳

東京都でこれから会社設立する際にはどのくらいの費用がかかるのかあらかじめ理解しておくことが大切です。
東京での会社設立にはさまざまな費用が発生するため、その内訳まで詳しく解説しましょう。

東京都で会社設立する場合に必ずかかる費用

東京都で会社設立をする場合にはさまざまな費用が発生します。
まず、東京で会社設立の登記をする費用です。
東京での会社設立の費用の目安は下記の通りとなっています。

株式会社と合同会社では費用に違いがあるためその点に注意しましょう。

費用の内訳株式会社合同会社
定款認証手数料5万円不要
定款印紙代(電子定款の場合は0円)4万円4万円
登録免許税資本金1000分の7に相当する額、あるいは15万円のうち高い方資本金1000分の7に相当する額、あるいは6万円のうち高い方
定款謄本代2,000円程度(250円×枚数)2,000円程度(250円×枚数)
実印作成費用約5,000円約5,000円
印鑑証明書の取得費用1通450円1通450円
登記事項証明書の取得費用1通600円1通600円
合計の目安約25万円~約11万円~
会社設立の代行費用0円、個人事業主とのメリットデメリット流れと手順

上記は東京で会社設立の手続きを役所で行う際に必要なお金です。
東京で会社設立の登記申請をする際にさまざまな書類の提出が求められます。
特に定款の作成は重要であり、定款の認証を受けるのに手数料が発生するのです。
また、定款印紙代として4万円が必要なのですが、こちらは電子定款の場合は費用がかかりません。

登録免許税については、資本金の金額によって額が変わります。
資本金1000分の7の金額と15万円(合同会社は6万円)のうち高い方が適用されるのです。
仮に資本金1,000万円の場合でも、1000分の7は7万円のため株式会社では15万円が適用されます。
そのため、ほとんどのケースで登録免許税は15万円(合同会社は6万円)であると考えれば良いです。

実印の作成や印鑑証明書の取得、登記事項証明書の取得などにもお金がかかります。
これらの負担はそれほど大きくありません。
実印や印鑑証明書は発起人や役員などのものがそれぞれ必要です。

東京で会社設立の手続きにかかる最低限の費用は株式会社で約25万円、合同会社で約11万円です。
さらに代行会社を活用すると報酬の支払いが生じるため、それを見込んでおきましょう。

東京の会社設立代行のサービスは費用の目安が10万円~30万円程度です。
実際にどのくらいの費用がかかるのかは、東京で会社設立をする際の状況や業者によって異なります。
自分たちが東京で会社設立する場合、どのくらいの費用で代行してくれるか見積もりをもらうと良いでしょう。

これらの費用に加えて、東京で会社設立のためにオフィスを新しく用意するためにもお金がかかります。
備品を設置して業務に取り組める環境を整えるための費用です。

東京都で会社設立するときのオフィスはどうする?

東京都で会社設立をする際には基本的にオフィスの費用が生じます。
東京で会社設立する場合のオフィスの選択肢は下記の通りです。

  • 自宅
  • 賃貸オフィス
  • レンタルオフィス
  • コワーキングスペース

事業の内容や従業員の数によっては自宅でも対応できます。
会社設立で自宅を利用すると、家賃や光熱費などを経費にできるのがメリットです。
新しい設備の導入も最小限で済ませることができ、新しくかかる費用はほとんどないでしょう。

東京都で会社設立をする場合、賃貸オフィスを活用すると家賃がネックになります。
東京都は地価が高く、賃貸オフィスの家賃はかなり高額になるからです。
東京のどこのエリアのオフィスを借りるのか、またオフィスのスペースによっても費用はかなり異なります。
目安としては狭い賃貸オフィスでも30万円から40万円程度かかり、広い賃貸オフィスの場合は毎月100万円以上の賃料が発生します。

東京都内でも特に賃料が高いエリアは渋谷区や港区、千代田区といった都心エリアです。
江戸川区など賃料の安いエリアと比較すると坪単価が倍以上異なります。
東京都内では都心に近いほど、駅に近いほど賃料は高くなるでしょう。

また、賃貸オフィスを用いて東京で会社設立をする場合には、オフィスの環境を整えるための備品を用意するのにも費用がかかります。
デスクやパソコンなどをすべて揃えるために数十万円から100万円以上かかるケースも少なくないでしょう。
この費用についてもきちんと念頭に置いておく必要があるのです。

このように東京都は賃料がかなり高いため、東京都で会社設立する場合はレンタルオフィスやコワーキングスペースを利用するケースも多いです。
東京都であっても、レンタルオフィスやコワーキングスペースの場合は賃貸オフィスと比較して費用を節約できます。

レンタルオフィスとは個人で利用するものから数十名で利用できるものまでさまざまなタイプがあるのが特徴です。専用のスペースを借りることができ、法人登記で利用することができます。
会議室などのスペースや設備などは他の利用者と共有です。
デスクなどの備品が備え付けられていることが多く、東京都で会社設立する際の費用を大きく節約できるでしょう。レンタルオフィスは月々の賃料が数万円程度です。
賃貸オフィスの半分以下の費用で借りられます。

東京都で会社設立する際にコワーキングスペースを利用するという選択肢もあります。
コワーキングスペースとは、会社設立で必要なオフィス空間を共有して利用するというものです。
基本的にフリーアドレス制であり、同じオフィス空間を複数の企業などが共有して利用します。
そのため、個室を契約できるレンタルオフィスとは利用感が異なる点に注意しましょう。
コワーキングスペースであっても、法人登記の事務所の住所として利用可能です。
コワーキングスペースの賃料は東京だと1万円~5万円程度で賃貸オフィスよりも安く利用できるところがたくさんあります。

賃貸オフィスやレンタルオフィス、シェアオフィスの費用の目安をまとめると下記のようになります。

オフィススペースの種類東京の月々の賃料の目安
賃貸オフィス30万円~100万円以上
レンタルオフィス3万円~10万円
コワーキングスペース1万円~5万円
会社設立の代行費用0円、個人事業主とのメリットデメリット流れと手順

東京都の会社設立代行会社の依頼先・相談先を厳選

これから東京都で会社設立をする際には代行会社を利用するのが一般的です。
ただし、さまざまな代行会社が存在するため、そこから依頼先・相談先を厳選しなければいけません。
そこで、東京で会社設立を請け負ってくれる代行会社を選ぶ際のポイントやおすすめの会社設立代行会社についてまとめました。
それぞれ詳しくみていきましょう。

東京で会社設立を依頼する時に注目すべきポイント

これから東京で会社設立の代行を依頼する際に注目するべきポイントは下記の通りです。

  • 頼める業務の範囲
  • 費用の総額
  • 会社設立後のサポートの有無
  • 対応エリア
  • 電子定款の作成
  • オンライン対応

東京都で会社設立の代行に対応していたとしても、実際に対応できる業務の範囲はそれぞれの会社設立代行会社ごとに異なるため注意しましょう。
たとえば、書類作成のみ対応する業者から書類の提出まで代行できる業者、事業内容や資金繰りなどまで幅広くコンサルティングしてくれる業者などです。
任せる範囲が広くなれば、その分だけ費用も増えるため注意しましょう。
任せたい業務のみを頼める業者であれば費用を節約できます。

東京都で会社設立の代行を頼みどのくらいの費用が総額でかかるのか確認しておくことも大切です。
会社設立の代行の費用については、東京にあるそれぞれの会社ごとにかなり異なっています。
目安としては、安いところで10万円程度、高いところだと30万円以上と考えましょう。

東京での会社設立後のサポートの有無も重要です。
会社設立後にもさまざまな手続きをしなければいけません。
実際に業務を開始したり、資金集めをしたりするなどやるべきことは多いです。
たとえば、税理士や弁護士などの顧問契約をしてくれる会社であれば、設立後も頼れます。

会社設立代行会社のサービス対応エリアにも注意しましょう。
東京都で会社設立するならば、東京都でサービスに対応していることが大切です。
ただし、会社設立の代行会社の中にはオンライン対応を実施しているケースもあります。
オンライン対応の場合は、全国対応可能な会社もあるのです。
オンライン対応してくれる会社の場合は、相談もオンライン上で行えて便利でしょう。

電子定款の作成に対応していることもチェックしましょう。
電子定款の場合は、紙で定款を作成するよりも4万円節約できます。
東京都内での会社設立の費用をできる限り節約したいならば、電子定款の作成がおすすめです。

以上の点に基づいて東京都で会社設立代行をする会社を探しましょう。
東京には会社設立のサービスが多数存在します。
上記のポイントを踏まえて比較することで最適なサービスを選べるでしょう。

会社設立の代行費用0円、個人事業主とのメリットデメリット流れと手順

東京で会社設立するならオススメは経営サポートプラスアルファ  

東京で会社設立の代行を依頼する際には多くの選択肢があります。
東京は会社設立代行の需要が高いエリアのため、いろいろな業者があるからです。
その中でも特にオススメできるのが経営サポートプラスアルファです。

経営サポートプラスアルファであれば、東京の会社設立を総合的にサポートしてくれます。
経営サポートプラスアルファは会社設立に必要な定款の作成から設立手続き、設立後の顧問契約にまで対応しているのが特徴です。
経営サポートプラスアルファはいつでも無料で会社設立の相談ができます。
東京での会社設立を検討しているならば、気軽にお問い合わせください。

LINEでの会社設立相談はこちらから
会社設立の代行費用0円、個人事業主とのメリットデメリット流れと手順
>会社設立バイブル

会社設立バイブル

家にいながらオンラインで簡単に会社設立!

外出自粛に完全対応します! コロナショックの今だからこそ、動いて準備するか、そのままでいるかで、きっと一年後に大きな差となります。 まずはお気軽にお問い合わせください。

CTR IMG