リフォーム業で独立するには?独立する際のポイントについて紹介!関連する資格は?

リノベーションの普及により、リフォーム業のニーズが高まってきております。

ここではリフォーム業で独立する際に、必要な情報をお伝えしていきます。

まず、リフォーム業で独立するには、どうすればいいか解説していきます。

リフォーム業で独立する際のポイントについても説明していきます。

リフォーム業で、独立する際の資格についてや、リフォーム業で独立する際に、どれだけの資金が必要かについても説明します。

リフォーム業で独立する予定のある方、独立したい方は、是非最後までお読みください。

会社設立の代行費用0円、個人事業主とのメリットデメリット流れと手順

空き家問題とリノベーションの普及により、リフォーム業の独立もしやすく

日本における人口の減少に伴い、空き家問題が増えてきています。

購入後済むとすぐに価値が下がることから、新規住宅の購入率が減ってきているのも事実です。

しかし一方、リノベーションという個人の嗜好に合わせてリフォームする人は多くなっており、リフォーム業のニーズは高まってきています。

日本におけるリフォーム業は、小規模事業者が半分を占めており、これから独立しリフォーム業を営む場合でも新規参入がしやすい業界といえます。

リノベーションは、様々なデザインや資材を使うことにより、他社との差別化を図れます。

これからリノベーションやリフォームで独立する際には、オリジナルなサービスを考える必要があるでしょう。

次に、リフォーム業で独立する際のポイントについて紹介していきます。

会社設立の代行費用0円、個人事業主とのメリットデメリット流れと手順

リフォーム業で独立する際のポイント

リフォーム業で独立際に考えておくべきポイントは、以下の通りです。

  • 法人で独立か、個人で独立か
  • フランチャイズに加盟することについて
  • リフォーム業において、どのような事業内容で独立するか

リフォーム業で独立する際に考えるポイント、それぞれについて説明していきます。

法人で独立か、個人で独立か?

リフォーム業で独立する際のポイント一つ目は、リフォーム業において会社設立か個人で独立するか選ぶということです。

リフォーム業で独立する際に、個人事業主として起業することも可能です。

個人事業主として事業を開始するには、開業届を出せばすぐにでも独立できます。

一方、法人で独立した場合はどうなるのでしょうか?

最大の利点のひとつは、個人事業主よりも社会的信用があるということです。

法人であることによって、金融機関や取引先からの信用は個人事業主よりも厚くなります。

もし独立後に創業融資などを検討している場合であれば、やはり会社設立することをおすすめします。

また、独立後に一定の収益が見込まれている場合には、節税の観点で会社設立することも効果的な手段となります。

個人事業主では累進課税が適応されますので、利益が増えれば増えるほど所得税の税率は高くなり、負担は大きくなります。

しかしながら、法人に課せられる法人税の税率は一定です。
これらの税率において、その利益の大きさによって法人税の税率の方が所得税が低くなるタイミングがあります。

もしこのタイミングを見通せるのであれば、会社設立は節税面においても非常に効果的な選択肢です。

はじめは個人事業主として独立して、事業拡大に伴って法人化(会社設立)することも可能です。

フランチャイズに加盟することについて

リフォーム業で独立する際に、フランチャイズに加盟するかどうかも検討できます。

フランチャイズに加盟する場合のメリットとデメリットについて紹介します。

フランチャイズに加盟するメリットは、フランチャイズ本部からの支援を受け、開業までの準備支援や集客のサポートがあります。

またその他にも、フランチャイズに加盟することで、ブランドを利用できるため運営がしやすくなります。

一方でフランチャイズ加盟するデメリットとしては、ロイヤリティを払う必要があるということです。
フランチャイズの加盟によっては、毎月数十万円払う必要なところもあり、それだけで資金繰りが厳しくなる場合もあります。

十分なリフォーム業に関するノウハウが確立されており、集客も自分でできるならば、フランチャイズに入る必要はありません。

ノウハウや実績に自信がないのであれば、フランチャイズに加盟して確実に独立することも可能です。

次に、どのような事業内容でリフォーム業を独立するか説明していきます。

どのようなリフォーム業として独立するのか

リフォーム業の独立に際して、競合他社との差別化ポイントや自社ならではの強みをしっかりと考えてください。

例えばデザインに特化し、コンセプトのあるリノベーションするようなリフォーム業もできます。

バリアフリーの観点に強い高齢者専門のリフォーム業として独立することも可能です。

また、建屋全体のリフォームではなく、ある特定の箇所に特化したリフォーム業ということも可能です。

クロスや水回りに特化したリフォーム業として独立というのもいいかもしれません。

自分で独立する際に、どのようなコンセプトで独立するかを考える必要があるでしょう。

次に、リフォーム業の独立と資格について紹介していきます。

会社設立の代行費用0円、個人事業主とのメリットデメリット流れと手順

リフォーム業独立と資格について

リフォーム業で独立するには、必要な資格というものはありません。
資格がなくてもすぐに独立することが可能です。

しかし工事の請負額が500万円を超える場合には、都道府県から許認可を必要とします

500円未満のリフォームの場合と500万円を超えるリフォームの場合についてそれぞれ説明していきます。

500万円未満のリフォームの場合

500万円未満のリフォームの場合には、資格も許認可も必要なく、すぐに独立開業が可能です。
ただし、500万円未満のリフォームの場合には、許認可が必要なくすぐに開始できることから、参入障壁が低く、競合が多いのが現状です。

リフォーム業には、家電量販店や水道・ガス・電気などの工事会社なども入ってきており、それぞれ独自のリフォーム業を行っています。

競合に比べられながら事業していくことなので、独自のオリジナルなリフォーム業を展開していく必要があります。

500万を超えるリフォームの場合

独立するだけならば、特別な資格や許認可は必要ありませんが、請負総額が500万円を超える場合には、都道府県から建設業の許可が必要です。

許認可を得るには以下のような要件を、満たしている必要があります。

  • 建設業で5年以上経営業務の管理責任者としての経験あり
  • 専任技術者が設置されている
  • 不正または不誠実な行為するおそれがない
  • 自己資本が500万円以上ある

専任技術者とは建設業において適正な締結・履行することが可能な専門知識を有した者という意味です。工事業種別、一般建設業許可基準・特定建設業許可基準という資格が関係しています。

建設業においては専門学校・大学の指定学科を卒業後3~5年の実務経験という経験が必要ですが、4,000万円以上の請負工事となる場合には、「特定建設業」となり、資格が必要になってきます。

次にリフォーム業で会社設立し独立する際に、必要な手続きについて紹介していきます。

会社設立の代行費用0円、個人事業主とのメリットデメリット流れと手順

リフォーム業で会社設立し、独立する際に必要な手続き

リフォーム業として会社設立するならば、法務局で登記申請が必要です。
株式会社の場合には、公証人役場での定款認証が必要です。
合同会社の場合は、定款認証は必要ありません。

法務局で登記申請する際には、登録免許税がかかります。

また、会社設立した場合には、社会保険への加入が義務になり、労働基準監督署での手続きが必要です。

自宅で開業するのではなく事務所を必要とする場合には、事務所を探し、不動産会社と賃貸契約を結ぶ必要があります。

また会社の口座が必要となるため、銀行で法人口座の開設の手続きも必要です。

資材などをクレジット決済する際には、法人用のクレジットカードも契約するとよいでしょう。

次に、リフォーム業で独立する際に、必要な資金について説明していきます。

リフォーム業で独立する際に必要な資金はどれくらい?

リフォーム業で独立する際に必要な資金は、以下のようなものになります。

事業所取得費0円から150万
資材・備品・機器類100万
運転試験(人件費など)50万~100万
合計50万から350万

リフォーム業の事業所には、特別広いスペースは必要ないため、インターネットで集客したり、事業所が不要な際は、自宅で開業することも可能です。

その場合に事業所取得費は0円です。

また人件費についても、自分一人で開業する場合に、はじめは、必要ありません。

次にリフォーム業で独立する際に、資金調達できる方法について紹介します。

リフォーム業で独立時に、資金調達できる方法

リフォーム業で独立する際に、資金調達できる方法は二つあります。

一つは自己資金で始めるということで、もう一つは融資を受けるということです。

自己資金であれば利子を支払う必要もなく安心して独立できます。

一方の融資を受けるのであれば、いくつかの方法があります。
例えば、日本政策金融公庫の融資です。
日本政策金融公庫の創業融資に関しては、実績のない会社であっても融資が受けられやすいです。

日本政策金融公庫の融資は、金融機関などの融資に比べて、ハードルが低く審査が通りやすいという特徴があります。

独立直後に、金融機関からの融資はハードルが高く難しいですが、信用保証協会の制度を利用すれば、融資を受けられる可能性が高まります。

関連記事

会社設立の代行費用0円、個人事業主とのメリットデメリット流れと手順

リフォーム業で独立後の集客の方法について

リフォーム業で独立後の集客の方法には、いくつかあります。
知人からの紹介を通じて新規顧客を得るという方法が考えられます。
知人というのは数に限界があるため、やがて新規顧客を他から集める必要があるでしょう。

リフォーム業て独立後の集客の方法で一番便利なのは、インターネットを使うことです。
インターネットにおいては、様々な集客の方法があります。

まず、検索の上部に表示されるリスティング広告という方法があります。
これはGoogleにお金を払い、検索の上位に表示させてもらうという方法です。

またリスティング広告は、広告費がかかりますが、検索上位表示のSEOや、MEOというGoogleマップの上位表示は、お金はかかりません。

地域に根付いたMEOであれば、即時集客が可能です。

その他にはSNSによる集客(特に集客効果のあるTwitter、インスタグラム、facebookなど)という方法もあります。

またホームページを作り、SEOによりGoogleの上位表示させるという方法もあります。

リフォーム業で独立し成功するかどうかは、この集客できるかどうかに関わってきます。

次に、リフォーム業で独立し、失敗した事例について紹介します。

リフォーム業で独立し集客ができず失敗した事例

リフォーム業で独立し失敗した事例としてはリフォームの知識があっても、集客ができないで失敗する事です。

リフォーム業で独立した際に、初めは知り合いから紹介してもらい仕事があっても、そのうちツテがなくなり、集客できなくなるというケースがあります。

リフォーム業の知識があったとしても、集客に関しては、同じように学んでいく必要があります。

リフォームの事例を紹介したり、写真を提示することでより説得力のある集客をする必要があります。

会社設立の代行費用0円、個人事業主とのメリットデメリット流れと手順

【まとめ】リフォーム業で独立をお考えの方はご相談ください!

日本における人口の減少に伴い、空き家問題が増えてきています。収入が減っていることから、新規住宅の購入率が減ってきているのも事実です。

しかし一方で、リノベーションという個人の嗜好に合ったリフォームする人が多くなっており、リフォーム業のニーズは高まってきています。

つまり、リフォーム業の市場環境は追い風ともいえるのです。

リフォーム業として、独立できる準備が整ったら、独立してみましょう。

フリーランスの状況や独立に対しての範囲にもよりますが、今後独立や会社設立を検討している方は、気軽に経営サポートプラスアルファにご相談ください。

会社設立に関しては、分からないことが沢山あるかもしれません。

そんな時は、会社設立について、しっかり理解している専門家に相談するのがおすすめです。

当社では、土日祝日、平日夜間でも24時間相談受付中です。会社設立や事業目的に関して、納得いくまで何度でも相談できます。
対面のみならず、オンライン面談やLINEでも相談可能です。

そして、いざ法人を設立する場合は、多くの必要書類を準備し、手続きが必要です。

実際には、法務局へ登記した後も、税務署などへの手続きなどが多くあります。

合同会社や株式会社設立を一人で進めるのは、大変です。

法人設立は、やはり豊富な経験と知見がある専門家に依頼した方が安心できます。

会社設立のサポートを受ける際に気になるのが、手数料です。

当社であれば、代行費用0円で、合同会社や株式会社設立サポートできます。

設立費用は、合同会社の設立の場合には6万円、株式会社設立の場合は20万2,000円から行えます。

司法書士を利用して、会社設立した場合よりもちろん安いですし、ご自分で会社設立する場合よりも安く済むというメリットがあります。

もし、会社設立にお悩みならぜひ経営サポートプラスアルファにお気軽にご相談ください。

お客様の事業目的や事業計画から判断し、独立・会社設立に関して、全力でサポートします。

経営サポートプラスアルファ

LINEでの会社設立相談はこちらから
会社設立の代行費用0円、個人事業主とのメリットデメリット流れと手順
>会社設立バイブル

会社設立バイブル

家にいながらオンラインで簡単に会社設立!

外出自粛に完全対応します! コロナショックの今だからこそ、動いて準備するか、そのままでいるかで、きっと一年後に大きな差となります。 まずはお気軽にお問い合わせください。

CTR IMG