川崎で会社設立するなら!依頼先は?相談先は?

川崎で会社設立する際にはいろいろな疑問点が生じるものです。
個人事業主と法人は何が違うのか、会社設立費用はどのくらいかかるのか、株式会社と合同会社はどこが異なるのかといった点は素人にはわかりにくいでしょう。
そこで、川崎で会社設立するならば、設立代行のサービスを利用することをオススメします。

この記事では川崎で会社設立したい人のために、会社設立の費用や内訳、設立代行会社の選び方、オススメの設立代行サービスについてまとめました。
川崎で会社設立を考えている人は参考にしてください。

川崎で会社設立した場合の費用と内訳

川崎で会社設立するとなるといろいろな費用が発生します。
具体的にどのような費用が発生し、どんな内訳となっているのか詳しく紹介しましょう。

川崎で会社設立する場合に必ずかかる費用

川崎で会社設立する場合に必ず発生する費用は下記の通りです。

株式会社と合同会社についてそれぞれまとめました。

会社設立の費用の各項目株式会社設立の費用合同会社設立の費用
定款に貼り付ける印紙代(電子定款では不要)4万円4万円
定款認証手数料5万円0円
登録免許税払込資本金の0.7%(最低15万円)払込資本金の0.7%(最低6万円)
定款の謄本手数料(謄本1枚につき250円)約2,000円約2,000円
法人の印鑑作成費用数千円~数万円数千円~数万円
残高証明200円200円
登記事項証明書1通約1,000円1通約1,000円
印鑑証明書1通約500円1通約500円
合計25万円~11万円~

川崎での会社設立に最低限必要な費用は株式会社で25万円、合同会社で11万円程度です。
ただし、それぞれのケースに応じてさらに高い費用がかかるケースもあります。

定款に貼り付ける印紙代は電子定款の場合は節約することが可能です。
その場合は川崎での会社設立の費用を4万円節約できます。
ただし、電子定款作成のためにはマイナンバーカードを読み取るカードリーダーが必要であり、機器を揃えるのにかかる費用が生じるため注意しましょう。

登録免許税については株式会社は15万円、合同会社は6万円が基本です。
ただし、払込資本金の0.7%が15万円(合同会社は6万円)を上回る場合は、払込資本金の0.7%が登録免許税に適用されます。

法人の印鑑作成費用は最低限のものであれば数千円です。
ただし、きちんとした質の高いものを用意する場合は数万円かかるでしょう。

残高証明とは資本金の払込をした証明のために資本金が振り込まれた口座の記録を提出することです。
そのための書類の作成に200円程度かかります。

登記事項証明書は会社設立をしたときに必ず必要な添付書類です。
印鑑証明書は役所に実印を登録したことを証明する書類です。
これらの書類も会社設立の際に必要になります。

上記はあくまでも川崎で会社設立する場合の最低限必要な費用です。
実際にはオフィスを準備するための費用や事業を始めるための費用なども用意しなければいけません。
川崎での会社設立でどの程度の費用が生じるか事前に計算しておきましょう。

会社設立の代行費用0円、個人事業主とのメリットデメリット流れと手順

川崎で会社設立するときのオフィスはどうする?

川崎で会社設立する際には、会社の所在地の住所を登録しなければいけません。
特定の住所を登記登録することで川崎で会社設立を果たせます。
実際に川崎の会社設立でオフィスとして登記登録する住所の選択肢は下記の通りです。

  • 自宅
  • 賃貸オフィス
  • バーチャルオフィス
  • レンタルオフィス(シェアオフィス)
  • インキュベーションオフィス

川崎の会社設立の登記申請で本店所在地として登録できる住所の選択肢は上記の通りです。
本店所在地は基本的にどこでも良いとされています。
そのため、自宅をオフィスとして活用しても構わないのです。

たとえば、設立して間もない会社は資金繰りに苦しんでいます。
また、従業員が少なく、事業規模も小さいため大きなオフィスが必要ないケースが多いでしょう。
そのため、まずは自宅で会社設立して、経営が軌道に乗ってからあらためて川崎でオフィスを探すというケースもあります。

会社設立で自宅をオフィスにすると家賃や光熱費などの一部を経費にできるのがメリットです。
ただし、賃貸や分譲のマンションの場合は、管理規約を確認して大家に了承を得る必要があります。
オフィス利用を禁じている物件も少なくないため注意しましょう。

賃貸オフィスはオフィス利用を前提として貸し出されている賃貸物件です。
オフィスビルが川崎にはたくさんあるため、会社設立の際に借りると良いでしょう。
賃貸オフィスの場合は備品が何もないため会社設立の際に自社ですべて調達しなければいけません。
自宅よりも広々としたスペースがあり、すべてのスペースを専有できるのがメリットです。
川崎には賃貸オフィスの物件の選択肢が豊富にあるため、最低限のスペースで家賃が安い物件から広々として設備も豊富に整っており家賃が高い物件まであります。

バーチャルオフィスとは住所や電話番号のみを借りられるサービスです。
たとえば、郵送物の転送や電話の対応などを任せることができます。
物理的なオフィスはないため、仕事をする場所は他に用意しなければいけません。
たとえば、自宅で基本的に仕事をするけれども、自宅を会社の住所にしたくない場合に適しています。

レンタルオフィスはシェアオフィスやコワーキングスペースなどと称されることがあるオフィスの形態です。
オフィスフロアが用意されていて、その中の一区画を借りて利用します。
そのため、会議室やコピー機、受付などは他の入居者と共有するのが特徴です。
賃貸オフィスよりも家賃は安くなっています。

インキュベーションオフィスは起業家や新しく設立された会社を応援するための試みです。
公的機関が運用している場合が多く、申し込みをして審査に通れば入居できます。
オフィススペースが用意されていて設備も整っているのが特徴です。
企業や経営についてのアドバイスや助成などを受けられます。
他の起業家との交流もできるのがメリットです。費用も賃貸オフィスよりも安くなっています。

以上のオフィスの選択肢について、どのくらいの費用がかかるのか目安を下記にまとめました。

オフィスの種類初期費用月額費用
自宅0円0円(プライベートと兼用)
賃貸オフィス100万円~数百万円10万円~100万円以上
バーチャルオフィス1万円~5万円3,000円~1万5千円
レンタルオフィス(シェアオフィス)2万円~10万円3万円~10万円
インキュベーションオフィス2万円~10万円3万円~10万円

自宅を活用する場合は特別な初期費用はかかりません。
家賃はプライベートと兼用するため特別に増えることはないでしょう。
月額費用も多少光熱費が増えるケースがあるかもしれませんが、大きく負担が増えることはないです。

賃貸オフィスの場合、初期費用として賃料の半年から1年分を最初に支払うケースがよくあります。
さらに備品などを揃える必要があり、最終的に初期費用だけで数百万円かかるケースもあるのです。
広々としたスペースを使いたい場合は家賃が100万円を超える物件もたくさんあります。
川崎での会社設立の場合、安くても賃料は10万円以上かかるでしょう。

レンタルオフィスは初期費用として月額料金1ヶ月分程度のお金がかかります。
月額料金は3万円から10万円程度です。
川崎にはレンタルオフィスが多数存在していて会社設立に活用できます。

川崎にはインキュベーションオフィスがいくつかあります。
費用はそれぞれ異なっていて、レンタルオフィスと同程度と考えましょう。

バーチャルオフィスは初期費用が数万円かかることもあるのですが、月額費用はかなり安いです。

川崎で会社設立する際のオフィスの費用を考える際には上記の内容を参考にしてください。

会社設立の代行費用0円、個人事業主とのメリットデメリット流れと手順

川崎の会社設立代行会社の依頼先・相談先を厳選

川崎で会社設立をする際には代行会社のサポートを受けると良いでしょう。
会社設立のプロに相談することで、手続きのサポートから節税対策まで任せることができます。
それでは、川崎で会社設立のサポートをしてくれる代行会社を選ぶ際のポイントやオススメの代行会社を紹介しましょう。

川崎で会社設立を依頼する時に注目すべきポイント

川崎で会社設立の代行を依頼する際には下記のポイントに注意しましょう。

  • 会社設立の費用が安くなるか
  • 会社設立の適切なアドバイスをしてくれるか
  • オーダーメイドで対応してくれるか
  • 会社設立後のサポートを行っているか
  • 会社設立のスピード
  • 会社設立をすべて丸投げできるか

川崎での会社設立の代行を依頼するならば、できるだけ費用を安くするための工夫をしてくれるサービスを選びましょう。
会社設立にはさまざまな選択肢があり、費用を抑えるための工夫ができます。
そのための適切な対応をしてくれる代行会社を探しましょう。

川崎で会社設立するときの適切なアドバイスを受けられるかも大切です。
資金繰りや事業展開、節税対策などさまざまな点について専門家として助言してくれる代行会社を見つけましょう。

オーダーメイドのプランに対応していることも大切です。
川崎で会社設立する場合の事情はそれぞれ異なります。
画一的なサービスではなく、利用者の要望に応じて臨機応変にプランを変更してオーダーメイドで対応してくれるサービスが理想的です。

会社設立後のサポートを実施しているかどうかもチェックしましょう。
たとえば、税理士として顧問契約してくれるならば安心です。
川崎での会社設立後についてどの程度までサポートしてくれるのか確認しましょう。

川崎での会社設立の依頼を受けて最短でどのくらいのスピードで対応できるかも大切です。
中には最短1日での会社設立に対応しているケースもあります。

川崎で会社設立する際の手続きをどの程度丸投げできるのかも重要です。
すべての手続きを丸投げできるサービスであれば、会社設立の負担を大幅に軽減できます。

以上の点に注目をして川崎での会社設立の代行を請け負ってくれる会社を探すと良いです。

会社設立の代行費用0円、個人事業主とのメリットデメリット流れと手順

川崎で会社設立するならオススメは経営サポートプラスアルファ

これから川崎で会社設立するときにオススメの会社設立代行サービスは経営サポートプラスアルファです。
経営サポートプラスアルファであれば最短1日で会社設立に対応します。
すべてを丸投げすることができ、専任担当者がしっかりと要望を把握した上で手続きを進めてくれるのが特徴です。税務署への届出から顧問契約にまで対応します。
提案型の創業サポートを行い、川崎での会社設立についてさまざまな疑問点にもしっかりと応えてくれるのです。

川崎で会社設立を検討している人はぜひとも経営サポートプラスアルファに任せましょう。
いつでも相談や面談予約を受け付けているため、まずは気軽に相談してください。

LINEでの会社設立相談はこちらから
会社設立の代行費用0円、個人事業主とのメリットデメリット流れと手順
>会社設立バイブル

会社設立バイブル

家にいながらオンラインで簡単に会社設立!

外出自粛に完全対応します! コロナショックの今だからこそ、動いて準備するか、そのままでいるかで、きっと一年後に大きな差となります。 まずはお気軽にお問い合わせください。

CTR IMG