一人で会社を作るために必要なこと(注意点も)

一人でこれから会社を作るとなると何をすれば良いのかわからなくなるものです。
きちんとやるべきことや注意点を理解しておかないと後で困るケースも出てきます。
そこで、この記事では一人で会社を作る際に必要なことから注意点、リスクなどについて説明しましょう。

会社設立の代行費用0円、個人事業主とのメリットデメリット流れと手順

一人で会社は作れるの?

いわゆる一人会社というものは、今ではそれほど珍しいものではないです。
2006年から会社法が変更されて、役員の設定を自由に行えるようになり、役員が一人だけの会社も作れるようになりました。
たとえば、それまで個人事業主として仕事をしていた人が、法人を設立する方がメリットであると考えて一人で会社を作るというケースがよくあります。
必要な書類をきちんと用意して、所定の手続きを進めて受理されれば、一人で会社作りは可能です。

一人で会社を作る手順

一人で会社を作るための手順は、基本的には一般的な会社設立のための手順と共通しています。
主に下記のような手順を経て会社を作ることができるのです。

  1. 会社設立の項目を決定する
  2. 印鑑を作成する
  3. 定款の作成と認証を行う
  4. 資本金の払い込みを行い、各種申請書類を作成する
  5. 会社の設立登記の申請を行い登記簿謄本を取得する
  6. 会社設立後に必要な各種手続きを進める
  7. 実際に会社の運営を始める

会社設立の項目とは会社名や事業目的、本店所在地、資本金の額などを決めることです。
これらは定款の作成をする際に記載する必要があるためあらかじめ決めておきましょう。

印鑑は個人の印鑑を実印として登録して、さらに会社印も作成する必要があります。
印鑑の作成には時間がかかるため、他の作業と並行して早めに進めておくと良いです。
会社代表者印に加えて会社の角印、銀行印の3つを作成します。

定款とは会社における決まり事を記載しておくものです。
定款を作成して、株式会社設立の場合はさらに認証を受ける必要があります。

次に資本金の払い込みを行いましょう。
自分の所有する銀行口座に資本金と同額のお金を振り込み、あるいは入金しておけば良いです。
会社の銀行口座は会社設立を終えた後でなければ作成できないため、資本金の払い込みについては個人口座で問題ありません。

以上の準備を終えたならば、各種申請書類を作成しましょう。
そして、法務局に対して書類を提出して認証されれば会社設立登記が完了します。
その後は登記簿謄本を取得しましょう。そして、税務届など会社設立後に行うべき手続きを進めます。

以上のようにして一人で会社を作ることが可能です。設立を終えたならば、実際に会社の運営を始められます。

会社設立の代行費用0円、個人事業主とのメリットデメリット流れと手順

一人で会社を作るメリット・デメリット

一人で会社を作ることにはメリットもあればデメリットもあります。
どのようなメリット・デメリットがあるのかそれぞれ解説しましょう。

一人で会社を作るメリット

一人で会社を作るメリットには下記のような点があります。

  • 意思決定のスピードが早い
  • 法人化により社会的信用を得られる
  • 節税できる
  • 厚生年金に加入できる
  • 資金調達しやすい

一人会社の場合は会社の運営を自分一人で行うことになります。
そのため、これからの事業展開などについて考える際にもすべて自分の意思決定で行えるのがメリットです。
意思決定者が複数名いると何を始めるにしても全員で話し合いをして意思決定しなければいけません。
そこで話がまとまらないとスピード感のある事業運営が妨げられます。
一人だと誰にも気を使わずにどんどん行動に出ることができるのです。

法人として社会的信用を得られるのもメリットです。
個人事業主と法人では信用度が大きく異なります。法人化による恩恵は大きいのです。

法人化することで節税できるのもメリットといえます。
法人は個人事業主よりもさまざまな面で税制的に恵まれているからです。
たとえば自身の所得を役員報酬として給与をもらうという形式にできるため、給与所得控除が使えて節税できます。法人の方が経費とみなせる幅が広がるため、この点でも節税効果は大きいです。

一人で会社を作れば、厚生年金保険に加入できるようになります。
これによって、将来もらえる年金額を増やせるのがメリットです。

一人で会社を作るデメリット

一人で会社を作ることには当然デメリットも存在します。
主に下記のようなデメリットが考えられるのです。

  • すべての手続きを自分一人で行わなければいけない
  • 一人の会社は複数名いる会社よりも信用度は落ちる
  • 本人の能力に依存する
  • 法人口座の開設がしにくくなる

すべての手続きを自分一人で行わなければいけないのはデメリットです。
どのような手続きが必要なのか、どんな書類を用意する必要があるのかなど、すべて自分一人で調べて準備を進めることになります。
そのため、会社設立のための手続きに多くの時間を割く必要があり、他の業務をする余裕がなくなる可能性があるのです。
たとえば、資金調達や広告宣伝など会社設立の際にするべきことは手続き以外にもたくさんあります。
これらをすべて一人で行うのは苦労するでしょう。

また、一人会社は、複数名いる会社よりも信用度が落ちます。
法人ということで一定の信頼を得ることはできるのですが、一人だけの会社の場合は資金調達や顧客獲得などにおいて信用されにくい場面も出てくるのです。

一人会社は、その人の能力に大きく依存します。
手続きを上手く進められる人もいれば、そうでない人もいるでしょう。
手続き以外の点についても、本人の能力しだいで成功するか失敗するか決まるのです。
そのため、特定の分野について苦手意識を持っている場合は、一人で会社を作っても失敗する可能性が出てきます。

一人で会社を作ってから銀行で法人口座を開設したいと考えても審査で落ちるケースがあるため注意しましょう。
法人口座の開設は個人口座と違って厳しく審査されます。
一人会社の場合は、その時点で信用が低いため、しっかりと準備しておかないと断られるケースがあるのです。

会社設立の代行費用0円、個人事業主とのメリットデメリット流れと手順

一人で会社を作るにもリスクがあります※当社なら無料相談OK

一人で会社を作る際にはさまざまなリスクがあることに注意してください。
主なリスクとして下記の点を意識しましょう。

  • 間違えた選択をしやすい
  • 本人に万が一のことがあると何もできなくなる
  • 業務でミスが生じやすい

一人で会社設立する場合は、意思決定をすべて自分一人で行うことになります。
そこで間違えた選択をしやすいのです。
あらゆる分野について専門的な知識や経験のある人はなかなかいません。
自分があまり詳しくない分野については間違えた判断をしやすいです。
たとえば、税制上不利になる選択をして、それに気がつかないことがあります。

本人に万が一のことがあると何もできなくなるのもリスクです。
複数名で会社を作る場合は、誰かが病気や怪我をしたとしても、他の人でカバーできます。
一人で会社を作るケースでは、本人に何かあると、そこですべての業務がストップするのは大きなリスクです。

一人で会社を作るときには、すべての業務を一人で担当することになります。
基本的に常に時間に追われることになるでしょう。
心身にストレスが蓄積していき、業務に集中できなくなるのです。
その結果、業務でミスが生じやすくなります。
たとえば、会社設立の手続きでミスが起きる可能性も高くなるでしょう。

このように一人で会社を作るのにはいろいろなリスクが生じます。
これらのリスクについては、当社に任せてもらえば解決策を提示することが可能です。
当社であれば、一人で会社設立することについて無料相談に対応できます。
不安な人はお気軽にご相談ください。

一人で株式会社を作るか、一人で合同会社を作るか

株式会社と合同会社のどちらか選ぶ必要があります。

株式会社のメリットは下記の通りです。

  • 認知度が高い
  • 信用度が高い
  • 代表取締役という肩書が使える
  • 上場できる

株式会社のメリットは認知度が高いことです。
合同会社はまだまだ知名度が低いため、説明しても理解されない可能性があります。
また、株式会社の方が社会的信用度も高いです。銀行で融資を受ける際にも有利になります。

株式会社では代表取締役という肩書が使える点もメリットです。
合同会社の場合は代表取締役という肩書は使えず、代表者はあくまでも代表社員という名称になります。

株式会社の場合は上場できる点もメリットです。
将来的に会社の規模が大きくなれば、株式上場という選択ができます。

合同会社のメリットは下記の通りです。

  • 設立費用が安い
  • 運営コストも安い

合同会社は株式会社と違って定款の認証を受ける必要がありません。
定款の認証を受けるには5万円かかるため、合同会社はこの分を節約できるのです。
また、登録免許税も株式会社は基本的に15万円であり、合同会社は6万円のため、この分も節約できます。

会社を設立してからの運営コストも合同会社の方が安いです。
合同会社には株式総会や決算公告などを行う必要がないため、この分だけ負担が減ります。

このように一人で株式会社を作るか、合同会社を作るかにはそれぞれにメリットがあるのです。
自分のケースでどちらの方が良いのかよく考えてみましょう。

費用を節約したい、事業規模が小さいといった場合は合同会社に向いています。
一方、多くの資金が必要であり、社会的信用も求められる事業を始める場合は株式会社の方が良いです。

会社設立の代行費用0円、個人事業主とのメリットデメリット流れと手順

【まとめ】一人で会社を作るなら※当社で行うことがおすすめ      

一人で会社を作るならば、いろいろな手続きを自分一人で進める必要があります。
また、一人で会社を設立した後のことも考えなければいけません。
これらは専門的な知識のない人間にはなかなか難しいことです。
そこで、専門家として当社に相談することをおすすめします。

当社は会社設立のサポートをしてきた豊富な実績がある会社です。
会社設立代行はもちろんのこと、設立後の顧問契約にまで対応します。
全国対応しており、いつでも無料相談が可能です。
会社設立に関して総合的なサポートを実施しているため、一人で会社を作るのに不安があるならば、お気軽にご相談ください。

LINEでの会社設立相談はこちらから
会社設立の代行費用0円、個人事業主とのメリットデメリット流れと手順
>会社設立バイブル

会社設立バイブル

家にいながらオンラインで簡単に会社設立!

外出自粛に完全対応します! コロナショックの今だからこそ、動いて準備するか、そのままでいるかで、きっと一年後に大きな差となります。 まずはお気軽にお問い合わせください。

CTR IMG