横浜で会社設立するなら!依頼先は?相談先は?

横浜で会社設立を検討しているならば、代行会社の利用は便利です。
専門的な対応をしてもらうことで、正確に手続きを進めることができます。
しかし、横浜の会社設立の代行についてどこに依頼や相談をすれば良いのかわからない人がいるかもしれません。
また、実際に横浜で会社設立する際にどの程度の費用が発生するか気になる人も多いでしょう。
そこで、この記事では横浜で会社設立する際の費用から会社設立代行会社の選び方、横浜でおすすめの会社設立代行会社までまとめました。

横浜での会社設立の参考にしてください。

横浜で会社設立した場合の費用と内訳

横浜で会社設立する際にはどの程度の費用が発生するか、具体的にどんな項目の費用が必要なのか知っておくことは大切です。

それでは横浜で会社設立するときに発生する費用や内訳について詳しく説明しましょう。

横浜で会社設立する場合に必ずかかる費用

横浜で会社設立する際には必ず発生する費用がいくつかあります。
主な費用とその内訳は下記の通りです。

株式会社と合同会社の会社設立の費用は微妙に異なるため、それぞれ掲載しています。

費用項目株式会社合同会社
定款の収入印紙代(電子定款では不要)4万円4万円
定款の認証手数料5万円不要
定款の謄本手数料(1ページ250円)約5,000円約5,000円
登記の登録免許税資本金の7/1000の金額か15万円のうち高い金額資本金の7/1000の金額か6万円のうち高い金額
会社印鑑の作成費用約1万円約1万円
その他の費用約1万円約1万円
合計費用の目安約27万~約13万~

定款を紙で作成する場合は収入印紙を貼り付ける必要があり4万円必要です。
ただし、電子定款で作成する場合は収入印紙代は不要になります。

電子定款とはPDF形式で定款を作成して電子署名を付与したものを提出する方式のことです。
電子証明書の交付を受ける必要があり、その際にはマイナンバーカードの読み込みのためのカードリーダーが必要になります。
電子定款作成に必要な機器については、横浜の会社設立代行会社が用意してくれることが多いです。

定款の認証を受ける際には手数料として5万円発生します。
紙の場合も電子の場合も同様に認証手数料は生じるため注意しましょう。
さらに、謄本手数料として1ページにつき250円発生します。
定款の枚数により総額は変わるのですが、20ページ程度が多いです。

会社設立の登記の際には登録免許税が生じます。
これは資本金の7/1000か15万円(合同会社では6万円)のうち高い金額を支払うルールです。
基本的には15万円か6万円を払うと考えておきましょう。

会社の印鑑を作成する際にも1万円程度に費用がかかります。
ただし、印鑑にこだわる場合は、数万円の費用がかかることもあるでしょう。
印鑑の質にこだわらないのであれば、もっと費用を抑えることもできます。

上記以外にも印鑑証明書や登記事項証明書を取得するための費用も必要です。
会社の状況によって異なるのですが、約1万円程度と考えれば良いでしょう。

以上を合計すると横浜で会社設立する際の費用の目安は、株式会社では約27万円、合同会社では約17万円程度です。それぞれの状況でさらに費用がかかるケースもあります。

また、以上はあくまでも横浜で会社設立の手続きをするのに生じる費用です。
実際にはオフィスを用意するための費用や横浜で会社設立代行会社を利用する際の報酬なども生じます。

横浜で会社設立代行のサービスを利用する際の報酬の目安は、10万円~30万円程度です。
依頼するサービスの内容や代行会社の報酬システムなどの違いにより費用は大きく変わります。
正確な費用は見積りをもらい確認することが大切です。

横浜の会社設立でオフィスを構える際の費用は、初期費用に加えて引越し代や備品代などが生じます。

このように横浜の会社設立では、多くの費用が発生するため、それぞれの内訳と費用を確認してあらかじめ準備しておきましょう。

会社設立の代行費用0円、個人事業主とのメリットデメリット流れと手順

横浜で会社設立するときのオフィスはどうする?

横浜で会社設立をするならば、オフィスを用意する必要があります。
横浜で会社設立するのに利用できるオフィスは主に下記の通りです。

  • 自宅
  • 賃貸オフィス
  • レンタルオフィス
  • バーチャルオフィス

自分が住んでいる一戸建てやマンションをオフィスとして活用することは可能です。
横浜の会社設立の登記手続きで会社の所在地を自宅にします。
自宅の場合は新たに物件を探す手間と費用を省けるのがメリットです。
家賃や光熱費の一部を経費として扱えるため、節税にもつながります。
たとえば、従業員が自分一人だけの会社や自宅で事業を行えるケースでは、自宅をオフィスとして活用するケースは多いです。

会社設立でオフィスを選ぶ際の一般的な選択肢は賃貸オフィスでしょう。
オフィス物件はたくさん出ています。
賃貸契約をして毎月家賃を支払いオフィススペースを利用する方法です。
賃貸オフィスといっても、物件ごとに広さや設備などは大きく異なっています。
小さいオフィスであれば家賃は10万円程度の物件もあるのですが、大きなオフィスの場合は100万円以上かかるケースもあるのです。

レンタルオフィスは一つの空間に複数の占有スペースが用意されていてその1つを借りるという形式となっています。たとえば、ワンフロアにいくつか部屋が用意されていて、それぞれ別の会社が利用するという方式です。
この場合、会議室やコピー機、ラウンジといったスペースは共有で利用します。
それぞれの占有スペースにはあらかじめオフィス家具が備え付けられていて、備品を購入する費用を節約できるのがメリットです。
普通の賃貸オフィスよりも家賃は安くなっています。

バーチャルオフィスとは住所を貸してくれるサービスです。
普段の仕事は自宅で行い、会社の住所のみをバーチャルオフィスとして登記します。
バーチャルオフィスでは、郵便物の受け取りや電話番号の利用、会議室の利用などが可能です。
物理的なスペースは用意されていないためその点は注意しましょう。
横浜の中心部にはバーチャルオフィスのサービスがあり、これによって中心部の一等地の住所を得られるのがメリットです。
また、自宅の住所を公開したくない場合にも適しています。

横浜で会社設立する際には以上のような選択肢があります。
それぞれの月額費用の相場は下記の通りです。

オフィスの種類月額費用
自宅自宅の家賃
賃貸オフィス10万円~100万円以上
レンタルオフィス1万円~10万円以上
バーチャルオフィス1,000円~1万円

実際に横浜の会社設立でオフィスをどうするか決める際には、初期費用や月額費用だけではなく、利便性なども考慮しましょう。
安さだけで選んだ結果、不便さを感じて後悔するというケースもあるからです。

会社設立の代行費用0円、個人事業主とのメリットデメリット流れと手順

横浜の会社設立代行会社の依頼先・相談先を厳選

横浜で会社設立をする際には多くの手続きが発生します。
手続きにミスがあれば、余計な手間がかかるでしょう。
また、一から手続きの方法を調べるのは時間がかかります。
このような面倒な会社設立の手続きを代行するサービスは多いです。
そこで、横浜で会社設立の代行会社を選ぶ際のポイントやおすすめを紹介します。

横浜で会社設立を依頼する時に注目すべきポイント

これから横浜で会社設立の代行会社を利用する際には、多くのサービスから選ぶ必要があります。
横浜に対応している会社設立代行会社だけでもかなりの数があるのです。
そこから自分たちの目的に合う最適なサービスを選びましょう。
実際に横浜で会社設立代行会社を利用する際に注目すべきポイントは下記の通りです。

  • 価格
  • 対応エリア
  • サービスの内容
  • アフターサポート
  • 電子定款の作成への対応
  • オンライン対応

まず、横浜で会社設立を頼んだときにかかる費用をチェックしましょう。
価格について詳しくサイトで説明しているところが良いです。
ただし、実際の費用はそれぞれの条件によりかなり異なります。
そのため、あらかじめ見積りをもらうことが大切です。
無料で見積りを出してくれる会社であれば信頼できます。

サービスの対応エリアを調べることも重要です。
横浜で会社設立を頼むならば、横浜に対応していることを確認しましょう。
横浜に本店や支店があるケースであれば、地域に根ざしたサービスを提供しています。

会社設立を依頼して実際に会社設立できた後のアフターサポートの有無も確認しましょう。
会社設立してからも専門家の助けが必要な場面はたくさんあるからです。
アフターサポートとして顧問契約してくれるケースがあります。
会社設立後の手続きの代行や相談に対応してくれる会社も多いです。
充実したアフターサポートがあれば、横浜での会社設立後も助けてもらえます。

電子定款の作成への対応の有無もチェックしましょう。
基本的に電子定款の方が費用を節約できてメリットが大きいです。
会社設立代行会社が電子定款の作成に専門的に対応してくれるかどうか確認しておきましょう。

オンライン対応の有無もチェックしておくと良いです。
会社設立代行会社の中にはオンラインで相談やサポートを受け付けているケースがあります。
オンライン対応してくれるならば、家にいながらにして会社設立の手続きを進められるでしょう。

以上の点に注意をして横浜の会社設立代行会社について調べると良いです。
多くのサービスがあるため、それぞれを比較して、自分たちに最も適したサービスを見極めてください。
そうすればトラブルなく満足できる形で横浜での会社設立を進められます。

会社設立の代行費用0円、個人事業主とのメリットデメリット流れと手順

横浜で会社設立するならオススメは経営サポートプラスアルファ 

横浜で会社設立の代行を頼む際には、多くのサービスから選べます。
その中でも特におすすめなのが経営サポートプラスアルファです。

経営サポートプラスアルファは横浜での会社設立の代行に対応できます。
オンライン対応が可能であり、電子定款の作成も可能です。横浜での会社設立の手続きだけではなく、設立後の手続きのサポートや顧問契約まで行えます。
経営サポートプラスアルファが気になるときには、いつでも問い合わせを受け付けているのも特徴です。
これから横浜で会社設立を検討しているならば、経営サポートプラスアルファへご相談ください。

LINEでの会社設立相談はこちらから
会社設立の代行費用0円、個人事業主とのメリットデメリット流れと手順
>会社設立バイブル

会社設立バイブル

家にいながらオンラインで簡単に会社設立!

外出自粛に完全対応します! コロナショックの今だからこそ、動いて準備するか、そのままでいるかで、きっと一年後に大きな差となります。 まずはお気軽にお問い合わせください。

CTR IMG