埼玉で会社設立するなら!依頼先は?相談先は?

埼玉で会社設立したいときには、プロの代行会社に任せるケースが多いです。
しかし、埼玉で会社設立に対応するサービスはたくさんあり、依頼先や相談先に悩む人は多いでしょう。
そこで、この記事では埼玉で会社設立する際にオススメの代行会社を紹介します。
また、会社設立で必要な費用や内訳の解説、代行会社を選ぶためのポイントなどもまとめました。
これから埼玉で会社設立を検討しているならば参考にしてください。

埼玉で会社設立した場合の費用と内訳

埼玉で会社設立するのに必要な費用と内訳について解説しましょう。

埼玉で会社設立する場合に必ずかかる費用

埼玉で会社設立するためにはさまざまな費用が発生します。
そこで、実際に埼玉で会社設立するのに最低限かかる費用をまとめると下記の通りです。

会社設立の費用項目株式会社設立にかかる費用合同会社設立にかかる費用
定款認証手数料5万円0円
印紙代(電子定款では不要)4万円4万円
謄本手数料(1枚につき250円)約2,000円0円
登録免許税資本金の1,000分の7(15万円以下の場合は15万円が適用)資本金の1,000分の7(6万円以下の場合は6万円が適用)
その他(代表者印作成、印鑑証明書などの費用)約1万円約1万円
合計約25万円約12万円
会社設立の代行費用0円、個人事業主とのメリットデメリット流れと手順

埼玉で会社設立する際には定款を作成して役所で認証を受ける必要があります。
その際には5万円の手数料が発生するのです。
ただし、定款の認証が必要なのは株式会社のみであり、合同会社の場合は不要となるため手数料がかかりません。

紙で定款を作成する場合には4万分の印紙代が発生します。
ただし、電子定款を作成する場合には印紙代の4万円が不要です。
そのため、会社設立の費用を4万円節約できます。
ただし、電子定款の作成にはマイナンバーカードを読み取るバーコードリーダーが必要であり、電子署名を付与しなければいけません。
紙の定款を作成するよりも余分な作業が発生して知識も必要となるのです。
そのため、電子定款の作成を業者に依頼するケースは少なくありません。
会社設立代行会社であれば電子定款の作成に対応できます。

謄本手数料は定款の謄本にかかる費用のことであり、平均すると約2,000円程度かかると考えて良いです。
ただし、合同社会社には必要ありません。

登録免許税は埼玉で会社設立するならば必ず発生する費用であり、資本金の1,000分の7の金額を支払います。
ただし、資本金の1,000分の7が15万円以下(合同会社は6万円以下)の場合には、登録免許税は15万円(合同会社は6万円)が適用されます。

上記以外にも代表者印を作成するための費用や印鑑証明書の費用などもかかり、これらは約1万円程度です。

合計すると株式会社は約25万円、合同会社は約12万円が会社設立に最低限度必要な費用といえます。

実際にはオフィスを準備するための費用や事業を始めるための費用、会社設立の代行を依頼する際の報酬なども発生するでしょう。
これらの費用については、それぞれの会社ごとに事情が異なるものです。
自分たちが埼玉で会社設立する際にどの程度の費用が発生するのか、細かく計算しておきましょう。

埼玉で会社設立するときのオフィスはどうする?

埼玉で会社設立する際にはオフィスをどうするべきか考える必要があります。
オフィスとは、会社設立の登記手続きをする際に本店所在地として登録する住所です。
また、事業を進めるための事務所として活用する場所という意味合いもあります。
そんなオフィスの選択肢として主に下記の種類があるためチェックしましょう。

  • 自宅
  • 賃貸事務所
  • レンタルオフィス
  • バーチャルオフィス

小さな規模の会社や会社設立して間もない頃には自宅をオフィスとして活用するケースは少なくありません。
創業したばかりの会社は常に資金繰りに苦しんでいることが多いため、極力費用を節約したいものです。
そんなときに自宅を会社設立のオフィスとして活用するとメリットはたくさんあります。
自宅であれば引越し費用はかからず、家賃の負担も増えません。
自宅の家賃や光熱費などの一部は経費にすることができるため節税にもつながります。
創業してある程度利益が出たところであらためてオフィスを探すことも可能です。

賃貸事務所とは、オフィスビルのワンフロアなどと賃貸契約してオフィスとして活用することです。
埼玉には会社設立の際に利用できる賃貸事務所がたくさんあります。
賃貸事務所を利用する場合は初期費用だけでもかなりかかってしまうでしょう。
費用的には一番負担の大きい方法です。
ただし、内装を自由に変えることができ、広々としたスペースが用意されていて、その空間を専有できる点などはメリットといえます。

レンタルオフィスは賃貸事務所とは異なり、一区画のみをオフィスとしてレンタルで利用する方式です。
レンタルオフィスの場合は、オフィス空間そのものは専有できるのですが、トイレや会議室などは他の会社と共有して利用します。
レンタルオフィスは設備が備え付けられていて、費用が安くなっている点はメリットです。

バーチャルオフィスは、住所や電話番号だけを利用できるサービスのことです。
オフィス空間を借りることはできず、あくまでも住所と電話番号のみを借りて、それを会社設立の法人登記の際に登録できます。
そのため、実際の仕事は田舎で行い、会社の住所や電話番号は都会の一等地のものにできる点がメリットです。
電話や郵送物の転送サービスが用意されています。

会社設立の代行費用0円、個人事業主とのメリットデメリット流れと手順

それでは、会社設立のオフィスの選択肢について、それぞれの費用の目安を紹介しましょう。

オフィスの種類初期費用月額費用
自宅0円(設備を導入する場合は費用がかかる)0円(オフィス利用により家賃や光熱費が増えるケースはある)
賃貸事務所100万円以上20万円から100万円以上
レンタルオフィス3万円から20万円3万円から20万円
バーチャルオフィス1万円から2万円3千円から1万円

会社設立で自宅をオフィスにする場合は初期費用も月額費用も特に増えることはありません。
ただし、オフィスとして利用するために新たに設備を導入する場合はその分の費用が発生します。
また、オフィス利用することで光熱費は住宅として利用していた頃よりも増えるでしょう。
賃貸住宅の場合はオフィス利用するために家賃をより多く請求されるといったケースもあります。

賃貸事務所は初期費用として家賃の半年から1年分程度がかかるのが相場です。
そして、賃貸事務所の家賃は埼玉では最低でも20万円程度であり高い物件だと100万円以上かかります。

レンタルオフィスは初期費用が3万円から20万円程度です。レンタルオフィスはグレードがあり、最低限のところであれば費用を抑えられます。
スペースが広くてサポートが豊富で設備が豪華なところだと初期費用もある程度かかるのです。
月額費用は安いところだと3万円程度、高いところだと20万円程度するケースもあります。

バーチャルオフィスは初期費用が1万円から2万円、月額費用は3千円から1万円程度です。

埼玉の会社設立ではオフィスのために以上のような費用がかかることを念頭に置きましょう。

埼玉の会社設立代行会社の依頼先・相談先を厳選

埼玉で会社設立を助けてくれる代行会社はとても便利な存在です。
会社設立代行については、依頼先・相談先となる会社は埼玉にたくさんあります。
そこで、どこに相談すれば良いのか選ぶためのポイントとオススメの会社設立代行会社についてまとめました。

埼玉で会社設立を依頼する時に注目すべきポイント

これから埼玉で会社設立代行を依頼するならば、どの会社に相談するか選ぶことが大切です。
そこで、会社設立代行のサービスに依頼する際に注目するべきポイントをまとめました。

  • 費用
  • 対応範囲
  • 電子定款の作成への対応
  • 顧問契約への対応
  • 創業サポート
  • スピード
  • 評価

埼玉で会社設立代行を利用する際には料金がかかります。
そのため、それぞれの代行会社がどのくらいの費用で請け負ってくれるかチェックすることが大切です。
気になる会社があるならば、見積もりをもらうと良いでしょう。
その際にはきちんと額面通りのサービスを提供するか、後で追加料金が発生するケースはないかよく確認しておくことが大切です。

会社設立代行といっても、実際にはさまざまな作業が発生します。
そこで、代行会社がどの範囲まで対応できるのか確認しておくことが大切です。
特に電子定款への作成に対応できるかどうかは大事なポイントといえます。
電子定款を作成できれば会社設立の費用を大きく節約できるため対応を確認しておきましょう。

会社設立後の顧問契約への対応の有無も確認すると良いです。
会社設立してから専門家の力を借りたい場面はたくさんあります。
資金繰りや節税対策などで専門家のアドバイスを得ることができれば、事業活動を有利に進めることができるからです。
たとえば、税理士の顧問契約に応じてくれる代行会社はたくさんあります。

本格的な創業サポートを実施してくれるかどうかも重要です。
より有利な状態で会社設立を果たすために専門的な内容を相談したい人は多いでしょう。
専門家による支援のサービスを実施しているサービスであれば利用価値は高いです。

会社設立代行を依頼して最短でどのくらいの日数で対応できるのかも重要ポイントです。
たとえば、最短1日で対応してくれるケースもあります。
急いで手続きを済ませたいならば、スピード対応を実施するサービスを探しましょう。

そのサービスを利用した人からの評価にも注目すると良いです。
悪い評判が集まっているサービスは質が低い可能性がありあまり信頼できません。
評価の高いサービスを選びましょう。

以上の点に注意すれば埼玉の会社設立の代行を安心して依頼できます。

会社設立の代行費用0円、個人事業主とのメリットデメリット流れと手順

埼玉で会社設立するならオススメは経営サポートプラスアルファ

埼玉で会社設立をする際に経営サポートプラスアルファはオススメです。
最短1日での会社設立ができます。
会社設立の手続きの代行だけではなく顧問契約も対応しているのが特徴です。
それぞれの要望に合わせた形で会社設立を実現できます。

経営サポートプラスアルファは24時間いつでも問い合わせに対応していて、平日の夜や土日でも面談が可能です。
オンラインでの面談から会社設立まで対応しています。
気になる人は気軽にご相談ください。

LINEでの会社設立相談はこちらから
会社設立の代行費用0円、個人事業主とのメリットデメリット流れと手順
>会社設立バイブル

会社設立バイブル

家にいながらオンラインで簡単に会社設立!

外出自粛に完全対応します! コロナショックの今だからこそ、動いて準備するか、そのままでいるかで、きっと一年後に大きな差となります。 まずはお気軽にお問い合わせください。

CTR IMG