【ちょっと待って】会社設立マネーフォワード(MF)で会社設立するの?

会社設立に活用できるツールとして注目されているものが会社設立マネーフォワード(MF)です。

簡単なステップで手続きを進めることができるツールとして人気を集めています。

そんな便利な会社設立マネーフォワード(MF)を利用するのに不安を抱いている人もいるかもしれません。

そこで、この記事では会社設立マネーフォワード(MF)の特徴やリスク、注意するべき点などを解説しましょう。

それでは、会社設立マネーフォワード(MF)を詳しくみていきます。

会社設立マネーフォワード(MF)とは?

会社設立マネーフォワード(MF)は会社設立をサポートしてくれる便利なツールです。

多くの利用者がいて、実際に会社設立マネーフォワード(MF)で会社設立に成功したという人はたくさんいます。

そんな会社設立マネーフォワード(MF)の詳しい特徴について紹介しましょう。

会社設立マネーフォワード(MF)なら無料で必要書類が作成できる

会社設立マネーフォワード(MF)は無料で利用できるツールです。

書類作成を無料で行えるため、費用を最小限に抑えることができます。

これから会社を立ち上げる場合は、資金繰りに苦労することが多いです。

無駄な出費をできるだけ抑えたいと考える人は多く、そのようなニーズに応えている会社設立マネーフォワード(MF)は人気を集めています。

会社設立マネーフォワード(MF)であれば株式会社と合同会社に対応可能です。

会社設立マネーフォワード(MF)ではこれから登記申請をするのに必要とされる書類をすべて作成できます。

登記書類として下記の書類の作成にすべて対応しているのです。

  • 設立登記申請書
  • 収入印紙貼付台紙
  • 発起人の決定書
  • 就任承諾書
  • 払込があったことを証する書面
  • 印鑑届書
  • 別紙

会社設立マネーフォワード(MF)で書類を作成したならば、それを提出しましょう。

会社設立マネーフォワード(MF)であれば、それぞれの提出先の法務局の住所から当日に必要な持ち物までガイドしてくれます。

会社設立マネーフォワード(MF)なら簡単。質問に答えるだけ!

会社設立マネーフォワード(MF)は誰でも簡単に書類作成ができるように設計されているツールです。

基本的には画面のガイドに従って必要事項を入力するだけで良いため使いやすいでしょう。

たとえば、下記の情報を入力することで、自動的に書類が作成されます。

  • 会社名・所在地
  • 代表・出資金
  • 資本金・決算
  • 事業目的

画面に表示されるフォームに必要事項を入力するだけで良いです。

入力する必要のある項目についてはわかりやすく説明されているため悩むことはないでしょう。

たとえば、絶対に入力しなければいけない項目には「必須」と赤字で記されています。

定款の作成についても会社設立マネーフォワード(MF)で対応しているのが特徴です。

設立後に必要な書類の作成も会社設立マネーフォワード(MF)で対応しているため便利です。

それまでに入力した情報に基づいてそれぞれ必要な書類が自動作成されます。

それぞれの手続きの提出場所や提出期限などがわかりやすく表示されるため安心です。

利用していてわからない点についてはサポートも実施しています。

よくある質問と回答がまとめられていて、さらに使い方ガイドも用意されているのです。

それでも解決しない場合には問い合わせをすることができます。

そうすれば、それぞれの疑問についてスタッフが丁寧に説明してくれるのです。

会社設立マネーフォワード(MF)はどのような人でも利用できるツールを目指していて、さまざまな配慮がされています。

会社設立の代行費用0円、個人事業主とのメリットデメリット流れと手順

会社設立マネーフォワード(MF)で設立するための準備事項

会社設立マネーフォワード(MF)を用いるならば、事前に準備しておくべきことがあります。

まずは会社について基本的な点を決めておく必要があるのです。会社名や所在地、事業内容、資本金などを決めましょう。

取締役や役員を誰にするのかも確定しておきます。

さらに、印鑑の購入や定款の内容の作成、資本金の入金などを済ませておきましょう。

これらの準備を済ませていると、会社設立マネーフォワード(MF)でスムーズに書類作成を進められるのです。

印鑑の購入については、会社設立マネーフォワード(MF)を通して購入することもできます。

ただし、印鑑が納品されるまで5営業日以上かかるため、急ぎの場合には自身で印鑑を用意しておきましょう。

会社設立マネーフォワード(MF)を利用する際には、公式サイトでメールアドレスを登録します。

そうすれば、マネーフォワードIDが発行されるのです。

無料で利用できるツールのため料金の支払いは発生しません。

IDの登録を済ませればすぐに書類作成を始められます。

あらかじめ会社設立マネーフォワード(MF)の資料をチェックしたいならば、資料請求することができます。

公式サイトから申し込みをすれば資料を受け取れるのです。

資料には、ツールの説明だけではなく、設立のスケジュールや費用、創業融資など役立つ情報が含まれています。

会社設立マネーフォワード(MF)を使うリスク

会社設立マネーフォワード(MF)を利用するのはメリットだけではなくデメリットやリスクもあります。

会社設立マネーフォワード(MF)にはどのようなリスクが存在しているのか説明しましょう。

自分で会社設立するリスク

専門家を頼らず、ツールも利用せずに自分で会社設立をすることは可能です。

ただし、それにはさまざまなリスクがあるため注意しましょう。

主なリスクとして下記のような点は要注意です。

  • 時間がかかる
  • 専門的な知識が必要となり手間がかかる
  • 誤った選択をする
  • 別の業務に支障が出る

初心者が自分で手続きを進めるのは時間がかかります。

不慣れな作業のため、基本的な点から調べる必要があるからです。

必要な書類を調べるだけでも時間がかかります。

また、手続きの中には専門的な知識が要求される領域も存在するため、手間がかかるのもデメリットです。

専門的な領域は調べて理解するまでにかなりの時間がかかります。

自分の理解の仕方が本当に正しいのか自信を持てず結局専門家に相談するケースが出てくるでしょう。

それならば、最初から専門家を頼っていた方が良かったと後悔するかもしれません。

誤った選択をするケースがあるのもデメリットです。

会社設立の際にはさまざまな選択肢があり、そこでの判断が将来に影響を与えます。

最適な選択ができない可能性がある点がリスクとなるのです。

このような会社設立の手続きを自分ですると、別の業務に割く時間がなくなります。

会社設立後の事業の準備や融資・補助金の申請の準備などに時間を使えなくなれば設立後にまで影響するのです。

このように自分で会社設立をすることには、さまざまなリスクがあります。

会社設立の代行費用0円、個人事業主とのメリットデメリット流れと手順

会社設立マネーフォワード(MF)だけ使うと損することもある

これから会社設立をするならば、自分だけの力で行うのではなく会社設立マネーフォワード(MF)を活用すると良いでしょう。

会社設立マネーフォワード(MF)によって書類作成をスムーズに進められます。

基本的に会社設立マネーフォワード(MF)さえあれば、比較的簡単に手続きを終えられるでしょう。

ただし、実際には会社設立マネーフォワード(MF)のみで手続きをすることで損するケースもあります。

会社設立の際には、細かな点に気をつけておかないと余計に税金がかかることがあるのです。

最初の手続きの段階で対策を取ることで節税ができる場合があります。

会社設立マネーフォワード(MF)は書類作成を補助するだけのツールです。

そのため、どうすれば節税できるのか、将来損をしないためにどのような工夫をすれば良いのか教える機能はありません。

あくまでも書類作成をサポートすることに限定しています。

そのことを理解しないまま会社設立マネーフォワード(MF)を利用すると後悔するかもしれません。

会社設立は単に書類を作成して手続きを済ませば良いというものではないです。

実際には、細かな点にこだわることで、将来の会社経営を有利に進めていく環境を整えることが重要となります。

そのためには、会社設立マネーフォワード(MF)を利用するだけではなく、専門家に相談することも重要です。

会社設立マネーフォワード(MF)は会社設立後のサポートはない

会社設立マネーフォワード(MF)を利用する注意点として、会社設立後のサポートは基本的にしていない点があります。

会社設立マネーフォワード(MF)は会社設立時の書類作成や手続きを応援するためのツールです。

設立後については対応していないため、その点は注意して利用しましょう。

会社設立の代行費用0円、個人事業主とのメリットデメリット流れと手順

会社設立後にやるべき手続きをすべてご存知ですか?

会社設立マネーフォワード(MF)を利用する際には、会社設立後に何が必要となるのかをあらかじめ知っておいた方が良いです。

そうすれば事前に準備や調査を進めることができます。

たとえば、会社設立した後に発生する手続きには下記のようなものがあります。

  • 国税の手続き(税務署)
  • 地方税の手続き(都道府県税務署・市町村役場)
  • 健康保険・厚生年金の加入手続き(年金事務所)
  • 労働法に関する届出(労働基準監督署)
  • 雇用保険の届出(ハローワーク)

このようにいくつもの手続きが発生するため注意しましょう。

上記の手続きについては、専門的な知識が関わるため、会社設立マネーフォワード(MF)のみでは対応できません。

そのため、専門家に相談をして助言を受けることが大切です。

専門家であれば書類の作成から提出まで代行してもらえます。

たとえば、税金に関することは税理士の領域です。

健康保険や厚生年金は社会保険労務士が担当します。

それぞれの手続きに担当できる専門家は異なっているのです。

そのため、別々の専門家に相談するのは面倒でしょう。

そんなときには、当社のような士業グループへの相談がおすすめです。

士業グループであれば、各専門家と連携を取っているため、その都度必要な専門家のサポートをスムーズに受けることができます。

会社設立の代行費用0円、個人事業主とのメリットデメリット流れと手順

会社設立マネーフォワード(MF)を使ってもまずは専門家に相談を!※当社は無料相談OK、相談しても依頼しなくても構いません  

会社設立マネーフォワード(MF)は会社設立の書類作成から提出までサポートしてくれます。

画面の指示に従いながら入力すれば良く簡単に扱えるでしょう。

ただし、万能なツールではなく、会社設立後の手続きについてはカバーしていません。

そのため、会社設立マネーフォワード(MF)を利用する場合もまずは専門家に相談しましょう。

会社設立後のことに関しては当社が担当できます。

当社は無料相談を受け付けていて、無理に契約を強いることはありません。

そのため、気軽に何でもご相談ください。

LINEでの会社設立相談はこちらから
会社設立の代行費用0円、個人事業主とのメリットデメリット流れと手順
>会社設立バイブル

会社設立バイブル

家にいながらオンラインで簡単に会社設立!

外出自粛に完全対応します! コロナショックの今だからこそ、動いて準備するか、そのままでいるかで、きっと一年後に大きな差となります。 まずはお気軽にお問い合わせください。

CTR IMG