会社設立ひとりでできるもん(hitodeki)で合同会社(株式会社)を設立しよう!

合同会社(株式会社)の会社設立で利用できる便利なサービスとしてひとりでできるもん(hitodeki)は注目されています。
それでは、実際にひとりでできるもん(hitodeki)はどのようなサービスなのか、本当に合同会社(株式会社)の会社設立に活用できるのか気になる人は多いでしょう。
そこで、この記事ではひとりでできるもん(hitodeki)の特徴や合同会社(株式会社)を設立する際の流れなどについて解説しましょう。

会社設立の代行費用0円、個人事業主とのメリットデメリット流れと手順

会社設立のひとりでできるもん(hitodeki)とは?

合同会社(株式会社)の会社設立で利用できるサービスがひとりでできるもん(hitodeki)です。
ここでは、会社設立のひとりでできるもん(hitodeki)について、具体的にどのような特徴のあるサービスなのか紹介しましょう。

会社設立のひとりでできるもん(hitodeki)なら合同会社(株式会社)の申請書類を作成できる

会社設立のひとりでできるもん(hitodeki)を利用すると合同会社(株式会社)設立のための申請書類の作成をすることができます。
会社設立のひとりでできるもん(hitodeki)はパソコンを使って利用できるサービスであり、主に合同会社(株式会社)の会社設立の際の設立登記や変更登記などの申請書類の作成をサポートしてくれるのです。

実際に会社設立のひとりでできるもん(hitodeki)で対応している合同会社(株式会社)設立に関連する申請書類は下記の通りです。

  • 株式会社設立登記書類
  • 合同会社設立登記書類
  • 各種変更登記
  • 電子定款認証
  • 通販規約作成
  • 古物営業許可

会社設立のひとりでできるもん(hitodeki)であれば、上記のような会社設立に関する幅広い申請書類の作成を簡単に行なえます。
実際に合同会社(株式会社)の運営をしていく際には上記のようにさまざまな申請書類の作成が発生することがあるのです。
その際にわざわざ自分でマニュアルや専門書などを購入して勉强しながら合同会社(株式会社)の申請書類作成をするのは大変でしょう。
会社設立のひとりでできるもん(hitodeki)ならば、このシステムのみを利用するだけで合同会社(株式会社)に関する多くの申請書類作成をカバーしてくれるのです。

日本国内のどこからでも自由に利用できるサービスです。
インターネット環境さえあればシステムにアクセスして申請書類作成を進められるのです。
専門知識不要で扱うことができて、誰でも利用できるシステムであると会社設立のひとりでできるもん(hitodeki)は評判を集めています。

会社設立のひとりでできるもん(hitodeki)で合同会社(株式会社)を設立するときの費用

実際に会社設立のひとりでできるもん(hitodeki)を利用して合同会社(株式会社)を設立したいならば、会員登録を無料で行うことができます。
無料で会社設立のひとりでできるもん(hitodeki)の会員登録をしてから、必要情報を入力して、利用料金を支払ってから合同会社(株式会社)設立のための申請書類の印刷ができるのです。

そんな会社設立のひとりでできるもん(hitodeki)の料金は下記のようになっています。

  • 株式会社設立 7,700円
  • 合同会社設立 7,700円
  • 電子定款 5,000円

会社設立のひとりでできるもん(hitodeki)は合同会社(株式会社)設立の申請書類に加えて、株式会社設立で必要な電子定款の作成にも対応しているのが特徴です。
また、上記の料金はあくまでもひとりでできるもん(hitodeki)の通常価格であり、実際には割引キャンペーンが適用されて安くなることがあります。

このように割安価格で利用できて合同会社(株式会社)の申請書類を作成できるのが会社設立のひとりでできるもん(hitodeki)のメリットです。

会社設立の代行費用0円、個人事業主とのメリットデメリット流れと手順

会社設立のひとりでできるもん(hitodeki)で合同会社(株式会社)を設立するために準備するべきこと

実際に会社設立のひとりでできるもん(hitodeki)を利用して合同会社(株式会社)の会社設立の手続きを進めるためには準備するべきことがたくさんあります。
準備しないといけないことは下記の通りです。

  • 会社の基本事項の決定
  • 法人印の作成
  • 定款の認証
  • 出資金の払い込み
  • 実印、印鑑証明書、身分証明書などの準備

会社設立のひとりでできるもん(hitodeki)はあくまでも申請書類作成のサポートをするシステムのため、あらかじめ自分たちで準備しておくべき事柄はたくさんあります。

まず合同会社(株式会社)についての基本事項を決定しておきましょう。
合同会社(株式会社)の会社名や本店所在地、事業目的といったものを決めておくのです。
これらの事項については、ひとりでできるもん(hitodeki)で合同会社(株式会社)の定款を作成する際に記載する必要があるため、会社設立の際に事前に細かく決めておきましょう。
これらをひとりでできるもん(hitodeki)のシステムに入力することで申請書類作成がスムーズに進みます。

合同会社(株式会社)の商号を決めたならば、すぐに法人印の作成に取り掛かりましょう。
合同会社(株式会社)の申請日までに用意しなければいけません。
ひとりでできるもん(hitodeki)の入力と並行して進めましょう。

合同会社(株式会社)の定款の作成をした後は、株式会社であれば公証役場で定款の認証を受ける必要があります。これは、定款の内容について公証人のチェックを受けるための手続きです。
株式会社設立では義務とされています。
会社設立のひとりでできるもん(hitodeki)の利用だけでは対応できず、自分で公証役場まで足を運ぶ必要があるのです。

また、合同会社(株式会社)の会社設立の際には出資金の払い込みをしなければいけません。
合同会社(株式会社)の発起人の銀行口座に振込か入金をします。
これが会社設立時の資本金となるため、きちんと払い込みを行いましょう。

さらに、合同会社(株式会社)の申請の際には発起人などの実印や印鑑証明書、身分証明書などが求められるため、会社設立の際に必要なものを準備してください。

会社設立のひとりでできるもん(hitodeki)を利用して合同会社(株式会社)の会社設立を考えているならば、上記の準備をきちんとしておきましょう。
ひとりでできるもん(hitodeki)だけで会社設立ができるわけではなく、会社設立の準備のためにするべきことはたくさんあるのです。

会社設立の代行費用0円、個人事業主とのメリットデメリット流れと手順

会社設立のひとりでできるもん(hitodeki)で合同会社(株式会社)を設立するための流れ

これから会社設立のひとりでできるもん(hitodeki)で合同会社(株式会社)の設立をする際には下記のような流れで手続きを進めていくことになります。

  1. 無料会員登録をする
  2. 会社情報を入力する
  3. コースを選択する
  4. 利用料金を支払う
  5. 定款を作成する
  6. 公証役場で定款の認証を受ける
  7. 出資金の払い込みをする
  8. 登記書類を印刷する
  9. 法務局に申請する

会社設立のひとりでできるもん(hitodeki)の無料会員登録をして会社情報を入力しましょう。
コースは「スタンダードコース」「お任せコース」「紙定款コース」の3つが用意されています。
コースはそれぞれの目的に合わせて選びましょう。
利用料金を支払ってから、定款の作成を行い、公証役場で定款認証をします。
さらに出資金の払い込みをしましょう。
あらかじめ入力した会社情報からシステムが登記書類を作成してくれるため、登記書類の印刷をします。
登記書類を法務局に提出すれば、内容に問題がなければ設立登記の完了です。
会社設立が完了するため、新しい合同会社(株式会社)の経営がスタートします。

会社設立のひとりでできるもん(hitodeki)で合同会社(株式会社)を設立するリスクについて

これから会社設立のひとりでできるもん(hitodeki)を利用して合同会社(株式会社)の設立をする際にはリスクがあることにも注意しましょう。
どういったリスクがあるのか説明します。

会社設立のひとりでできるもん(hitodeki)は申請書類の作成のみをサポートする

会社設立のひとりでできるもん(hitodeki)は合同会社(株式会社)の会社設立の際に便利なサービスであることは間違いありません。
合同会社(株式会社)設立のためのさまざまな申請書類の作成をひとりでできるもん(hitodeki)がサポートしています。
ただし、会社設立のひとりでできるもん(hitodeki)が対応できるのは、基本的に申請書類の作成のみです。
会社設立において、どのような決定をするべきかアドバイスをしてくれるわけではなく、税務や労務、資金集めなどに関しては自分たちで考える必要があります。

会社設立のひとりでできるもん(hitodeki)はあくまでも合同会社(株式会社)の申請書類作成の領域のみをカバーしているサービスです。
しかし、実際に合同会社(株式会社)設立となると、新しい事業のことや節税のことなど考えるべき点はたくさんあります。
正しい選択をしないと会社設立後に損をするケースもあるのです。
会社設立のひとりでできるもん(hitodeki)の利用にはこのようなリスクがあることも理解しておきましょう。

会社設立後にやるべき手続きについて

会社設立のひとりでできるもん(hitodeki)を利用すれば、合同会社(株式会社)設立の申請書類を作成できて、それを提出すれば会社の設立は完了します。
しかし、実際には会社設立後にもやるべき手続きがたくさんあるため注意しましょう。

会社設立後には下記のような手続きをする必要があります。

  • 税務署への届け出
  • 市町村役場への届け出
  • 労働基準監督署への届け出
  • ハローワークへの届け出
  • 年金事務所への届け出
  • 法人口座開設

会社設立のひとりでできるもん(hitodeki)での合同会社(株式会社)設立を終えたならば、すぐ税務署に届け出をします。
法人設立届出書や青色申告の承認申請書といった書類を提出する必要があるのです。
これらは法人税にかかわる大事な書類であり提出期限があるため注意しましょう。

労働基準監督署に対しては、労働保険などに関する書類を提出します。
また、従業員を使用するようになった場合にも届け出をしなければいけません。
雇用保険の適用事務所となった場合にはハローワークへの届け出が発生します。
厚生年金の適用事務所となった場合は年金事務所への手続きも必要です。

このように合同会社(株式会社)を設立した後もたくさんの手続きが存在するため注意しましょう。

会社設立の代行費用0円、個人事業主とのメリットデメリット流れと手順

会社設立のひとりでできるもん(hitodeki)で合同会社(株式会社)を設立する場合もまずは専門家にご相談を!※当社であれば無料相談に対応可能

会社設立のひとりでできるもん(hitodeki)は合同会社(株式会社)を設立するための申請書類をひとりで作成できるサービスです。
合同会社(株式会社)の設立登記に関係する申請書類を簡単に作成することができます。
実際に多くの人が会社設立のひとりでできるもん(hitodeki)によって合同会社(株式会社)の設立に成功しており評価は高いです。
ただし、会社設立のひとりでできるもん(hitodeki)だけではカバーできない部分もあります。
合同会社(株式会社)設立に関して、資金面や労務面、税務面などについて不安を抱く人もいるでしょう。
そのような人の相談に対応しているのが経営サポートプラスアルファです。
当社は専門家が在籍しており、会社設立のプロとして総合的にサポートします。
無料相談にも対応可能なため、ぜひともお気軽にご相談ください

LINEでの会社設立相談はこちらから
会社設立の代行費用0円、個人事業主とのメリットデメリット流れと手順
>会社設立バイブル

会社設立バイブル

家にいながらオンラインで簡単に会社設立!

外出自粛に完全対応します! コロナショックの今だからこそ、動いて準備するか、そのままでいるかで、きっと一年後に大きな差となります。 まずはお気軽にお問い合わせください。

CTR IMG