千葉で会社設立するなら!依頼先は?相談先は?

千葉で会社設立する際には知っておくべきことがたくさんあります。
たとえば、会社設立するときにかかる費用がわからない人は多いでしょう。
オフィスをどうすれば良いのか、会社設立の代行を依頼する場合の依頼先や相談先に悩む人もいるかもしれません。

この記事では千葉で会社設立を検討している人のために会社設立にかかる費用と内訳、依頼先、オススメの業者などをまとめました。
千葉で会社設立を成功させるための参考にしてください。

千葉で会社設立した場合の費用と内訳

千葉で会社設立する際には必ずある程度の費用が発生するものです。
それでは会社設立で具体的にどのくらいの費用が生じるのか、内訳と目安を紹介しましょう。

千葉で会社設立する場合に必ずかかる費用

千葉で会社設立するときに発生する費用の内訳と目安は下記の通りです。

会社設立費用の項目株式会社設立の費用目安合同会社設立費用の目安
定款印紙代4万円(電子定款は無料)4万円(電子定款は無料)
定款認証手数料約5万円(定款のページ数で異なる)無料
登録免許税15万円から6万円から
登録事項証明書の交付手数料約2,000円約2,000円
印鑑証明書の交付手数料約1,000円約1,000円
定款謄本代(1枚250円)約1,250円(5枚の場合)約1,250円(5枚の場合)
合計約25万円から約11万円から

上記が千葉で会社設立する場合の最低限必要となる費用です。
特に大きな費用は登録免許税であり、会社設立の際に必ず発生します。
登録免許税は株式会社で15万円、合同会社で6万円が最低金額です。
資本金の7/1000の金額が15万円(合同会社では6万円)を超える場合は、高い方の金額が請求されます。

紙の定款の場合は印紙代として4万円が発生するのですが、電子定款の場合は印紙代は不要です。
定款の認証手数料は株式会社のみで発生する費用で約5万円かかります。

他にも、登録事項証明書や印鑑証明書、定款謄本代といった費用がかかり、これらは必要な枚数分の費用が生じるため、それぞれ金額が異なるものです。

すべてを総合すると株式会社は約25万円、合同会社は約11万円が会社設立で最低限必要な費用です。

ただし、実際には千葉で会社設立する際には上記以外にもさまざまな項目の費用が発生するでしょう。
たとえば、顧問契約を税理士や弁護士と結ぶ場合には費用が生じます。
千葉での会社設立を代行サービスに任せる場合には報酬を支払わなければいけません。
事業を始めるためのオフィスを準備する際にも費用が生じます。
これらの費用を総合すると、千葉で会社設立を始める際に100万円以上かかるケースも少なくありません。

会社設立の代行費用0円、個人事業主とのメリットデメリット流れと手順

h3千葉で会社設立するときのオフィスはどうする?

千葉で会社設立する際にはオフィスについて考えておくことが大切です。会社設立に活用できるオフィスの場所は主に下記のような種類があります。

  • 自宅
  • 賃貸事務所
  • シェアオフィス
  • バーチャルオフィス

千葉で会社設立する際のオフィスとは、本店所在地として登記する住所のことです。
また、実際にそこで事業を行うための場所です。
基本的にどこを本店所在地として登録しても問題ありません。
そのため、自宅をオフィスとして活用するケースは意外と多いです。

自宅を活用して千葉で会社設立する場合は、家賃や光熱費、通信費といった費用はプライベートと仕事で兼用します。
そのため、事業で用いた分については経費扱いできるのです。
経費にすれば節税できます。
ただし、自宅はスペースが限られている点やプライベートな住所が知られる点などがデメリットです。
特別な費用は必要ないため、資金が苦しい創業当初は自宅をオフィスとして活用するケースはよくあります。

千葉で会社設立する際のオフィスとして一般的には賃貸事務所を借りることが多いです。
オフィスビルが賃貸事務所として貸し出されています。
一般的な居住用物件よりも家賃がかなり高いのが特徴です。
初期費用は賃料の6ヶ月から1年分が相場であり、最初にまとまった費用が必要です。
基本的に備え付けのオフィス家具や設備などはないケースが多く、それらを導入するのにも費用負担が大きいです。そのため、資金繰りが十分でない場合は、賃貸事務所はなかなか利用しにくいでしょう。

シェアオフィスとは、オフィスを共有して利用する形態です。
各オフィスは簡易的な壁やパーティションなどで区切られています。
そのため、最低限のプライバシーは保護されているのが特徴です。
すでにオフィス家具や設備などがある程度備え付けられているため、自分たちで特別に用意する必要はありません。会議室など共有スペースを自由に利用できるため、十分なオフィス機能を有しており、料金は賃貸事務所と比較すればかなり安いです。
千葉で会社設立する際の選択肢としてシェアオフィスは注目されています。

バーチャルオフィスとは、住所や電話番号などのみを利用できるサービスです。
物理的な空間は貸し出されず、あくまでも住所や電話番号、郵送物の転送などのみに対応しています。
バーチャルオフィスであっても本店所在地として登録することは可能です。千葉で会社設立する方法としてバーチャルオフィスは費用がかなり安くなっています。
自宅の住所を公開したくない、都心部の住所で法人登記したいという人にオススメです。

以上の方法についてそれぞれの費用を下記にまとめました。

オフィスの種類初期費用月額費用
自宅0円0円
賃貸事務所100万円~数百万円10万円~数百万円
シェアオフィス数万円~10万円2万円~20万円
バーチャルオフィス数千円~数万円3,000円~1万円

自宅をオフィスにする場合は、事務所として利用するために特別に改装するようなケースでなければ費用は特に発生しません。

賃貸事務所の場合は最低限の費用でも100万円程度の初期費用が発生します。
内装工事をしたり備品を揃えたりするのにも費用がかかるため、初期費用だけで数百万円かかることもあるのです。月額費用については10万円台のところから数百万円かかるところまであります。
物件のランクによって大きく変わるため注意しましょう。

シェアオフィスは初期費用が数万円から高くても10万円程度です。
月額費用はグレードによって異なり、2万円程度のところから20万円程度のところまであります。
スペースが広くて設備が充実していてサポートも豊富なシェアオフィスの場合は、高額な費用のところもあるのです。

バーチャルオフィスは初期費用も月額費用も抑えられます。
電話や郵送物の対応もしてくれるのが特徴です。
ただし、対応する範囲が増えるほど料金は高くなります。

千葉で会社設立する際にオフィスのためにどの程度の費用が必要なのかよく調べておきましょう。
それぞれのケースによって、実際にかかる費用は大きく異なります。また、安さのみを求めると事業を始めてみて不便さを感じるケースもあるでしょう。
総合的に考えて最適な選択をしましょう。

会社設立の代行費用0円、個人事業主とのメリットデメリット流れと手順

千葉の会社設立代行会社の依頼先・相談先を厳選

千葉でこれから会社設立する際には代行会社の利用がオススメです。
ただし、多くの選択肢があるため、依頼先・相談先を厳選することは重要でしょう。
そこで、千葉の会社設立代行会社を選ぶ際に役立つ情報を提供します。

千葉で会社設立を依頼する時に注目すべきポイント

千葉で会社設立を代行してもらう際には意識しておくべきポイントがあります。

下記の点に注意をして代行会社への依頼を考えると良いでしょう。

  • 会社設立代行のコスト
  • 会社設立代行のスピード
  • お手軽さ
  • 正確さ
  • 税務署への届出の対応
  • 顧問契約
  • 創業サポート

千葉での会社設立代行を依頼した場合にどのくらいのコストがかかるのか大切です。
できるだけ費用がかからないサービスが望ましいでしょう。
また、最初に見積もりをもらったときの費用だけが請求されて追加料金が発生しないことも重要です。

千葉で会社設立代行を頼んだ場合の最短日数もチェックしましょう。
中には最短1日で対応してくれるところもあります。
この場合は必要書類をすべて揃えておくことで素早く対応してもらえるのです。

お手軽に利用できるサービスかどうかも重要でしょう。
千葉で会社設立を依頼する場合に、自分で何も準備をすることなく必要なことをすべて丸投げにできることが理想的です。
そのようなサービスであれば、会社設立をすべて任せて、資金繰りや事業を始めるための準備に時間を割くことができます。

千葉で会社設立をした後には税務署への届出も必要となるため、それに対応できるかどうかも重要です。
税理士法人や税理士の紹介をしてくれるサービスであれば、税務署への届出にも対応できます。
節税のための対策の提案やアドバイスなども受けられるでしょう。

会社設立後の顧問契約に対応してくれるかどうかも重要です。
たとえば、税理士としての顧問契約に対応してくれる会社設立代行会社はたくさんあります。
会社設立の手続きから顧問契約まで対応してもらえば、自社についてよく理解してくれているため安心です。

単に千葉での会社設立の手続きをサポートしてもらうだけではなく、資金繰りや節税対策も含めて全面的に創業をサポートしてくれるかどうかも重要でしょう。
総合的な創業サポートを含めた設立代行を提供しているサービスはあります。

以上の点を意識して千葉での会社設立代行のサービスを選びましょう。

会社設立の代行費用0円、個人事業主とのメリットデメリット流れと手順

千葉で会社設立するならオススメは経営サポートプラスアルファ  

千葉で会社設立代行のサービスを探しているならば、経営サポートプラスアルファがオススメです。
経営サポートプラスアルファであれば、上記で説明した会社設立代行会社に求められる要素をすべて満たしています。

経営サポートプラスアルファは千葉での会社設立代行に対応可能です。
最短1日のスピード対応をしてくれます。
追加料金はかからず、明確な料金表示をしているため安心です。
専門家が揃っており、創業サポートから税務署への届出にまで対応しています。
会社設立後の顧問契約も可能です。

千葉での会社設立を検討している人は、経営サポートプラスアルファをチェックしましょう。
経営サポートプラスアルファはいつでも相談を受け付けているため、気軽に問い合わせをしてください。

LINEでの会社設立相談はこちらから
会社設立の代行費用0円、個人事業主とのメリットデメリット流れと手順
>会社設立バイブル

会社設立バイブル

家にいながらオンラインで簡単に会社設立!

外出自粛に完全対応します! コロナショックの今だからこそ、動いて準備するか、そのままでいるかで、きっと一年後に大きな差となります。 まずはお気軽にお問い合わせください。

CTR IMG