ベンチャー企業設立する際に知っておくべきこととは?ベンチャー企業のメリットも

ベンチャー企業設立する際に知っておくべきこととは?ベンチャー企業設立に向いている人とは?

「ベンチャー企業とはどのような定義なのか」について説明した後に、スタートアップ設立や中小企業との違いについても説明します。

また、ベンチャー企業設立のメリット・デメリットについて解説します。
そして、ベンチャー企業設立の際に、知っておくべきことはどんなことかも説明します。

ベンチャー企業設立に向いてる人は、どのような人なのかも見ていきましょう。

最後にベンチャー企業を設立して、ストックオプションを採用する事についても解説します。

会社設立の代行費用0円、個人事業主とのメリットデメリット流れと手順

ベンチャー企業とは

ベンチャー企業の設立とは、新しい技術や新しいアイデアを使って、人々に新しい価値を提供することです。
ほとんどのベンチャー企業は、設立して年数が経っておらず、資本金の額が少なく、従業員の数も少なく、成長途中の会社です。

ベンチャー企業の中には、設立時にベンチャーキャピタルなどの投資機関や、投資家から資金を得ている企業も多くあります。

ベンチャー企業の特徴として、新しい分野で大企業ができないような事業を行っているということがあります。
ベンチャー企業の経営者は若い人が多いですが、必ずしも年齢に関係はなく、世の中の概念や規制を打ち破って、新しいことに取り組む人が多いです。

その他に、ベンチャー企業は、設立時のビジネスモデルから変わり、新しい形態で収益を上げている企業もあります。

ベンチャー企業設立とスタートアップ設立に違いはある?

ベンチャー企業とスタートアップ企業設立の違いについて説明します。
スタートアップ企業とはベンチャー企業の中でも、特に会社設立して間もない会社のことを言います。

スタートアップ企業は創業2~3年程度のまだ会社設立直後の会社を指し、市場をこれから開拓していくという段階です。

ベンチャー企業は、設立した年数というよりも既存のサービスに、新たな付加価値をつけた場合もベンチャー企業と呼ばれます。

しかしスタートアップ企業は、全く新しいビジネスモデルにより、会社設立した場合を指します。
世の中に対して、全く新しい価値を提供するために、会社設立をしたのがスタートアップ企業です。

ベンチャー企業と中小企業の違いとは?

ベンチャー企業と中小企業の違いとは何でしょうか。
ベンチャー企業とは、企業設立直後の会社のことを言いますが、中小企業は規模を表します。

実は、中小企業は、中小企業庁が中小企業について定義しています。
製造業の場合には、資本金が3億円以下で、常時使用する従業員が300人以下、サービス業の場合には、資本金が5,000万以下で、常時使用する従業員が100人以下の場合に、中小企業といいます。

また、ベンチャー企業でも、設立後早期に成長すれば、中小企業になっていることもあります。

会社設立の代行費用0円、個人事業主とのメリットデメリット流れと手順

ベンチャー企業設立のメリット・デメリット

ベンチャー企業設立時のメリット・デメリットについて紹介していきます。

新しい価値を創造し、世の中に提供していくベンチャー企業ですが、そのメリットやデメリットはどのようなものがあるのでしょうか。

ベンチャー企業設立の際に、参考にしてみてください。

ベンチャー企業設立のメリット

ベンチャー企業設立のメリットは、以下のようなものがあります。

  • 成長できる機会が多い
  • 固定概念なくルールを作れる
  • ベンチャー企業において新しいサービスや商品を生み出せる

それぞれ説明していきます。

ベンチャー企業設立すると、大企業や中小企業と比べ、成長できる機会が多くあります。
日々トライ&エラーで様々な障壁を越えていくので、成長する機会を多く持ってます。

ベンチャー企業は固定概念にとらわれず、柔軟な発想でルールを決められます。

ベンチャー企業は設立直後であるため、社員も少なく社内のルールや慣習というものを自由に決められます。
社会情勢や取引との関係において、柔軟に対応しながら社内の状況を変えていくというメリットがあります。

ベンチャー企業設立直後の会社というのは、新しいサービスやアイデアというものを受け入れやすい環境です。

一方で大企業が事業を始めることはとても珍しく、従業員のアイデアが新しい事業を生み出すことは稀です。

ベンチャー企業設立のデメリット

ベンチャー企業設立のデメリット、以下のようなことがあります。

  • 人手不足になる場合が
  • 社長のワンマン経営になる可能性がある
  • 企業運営が安定していない

ベンチャー企業設立直後は人件費の問題などから、最少人数で業務を回すため、人手不足が起きる場合があります。

そして福利厚生や研修などの不安定さに不安を持ち、ベンチャー企業に入ってくる人が少ないという傾向もあります。

さらには、ネームバリューの低さから、採用活動に苦戦し、人材確保が難しいというデメリットがあります。

ベンチャー企業設立直後は社長の思考や行動が絶対的な関係になりやすい、というデメリットがあります。

自分で経営する情熱の強くベンチャー企業設立する社長ですが、あまりにその情熱が強くワンマン経営になりがちです。

ワンマン経営になると社内からの意見や状況把握を正確に把握できず、経営がうまくいかない場合があります。

そして働いてる社員も、社長の考え方やビジョンに共感できなければ、居心地が悪くなってしまうというデメリットがあります。

ベンチャー企業は、設立間もないため、企業運営が安定しておらず倒産のリスクも高いです。

会社設立の代行費用0円、個人事業主とのメリットデメリット流れと手順

ベンチャー企業設立の際に知っておくべきこと

ベンチャー企業設立の際に知っておくべきことは、以下のようなことがあります。

  • 出資者が重要なポイントであること
  • ベンチャー企業は成長途中でも大手企業に買収される場合がある
  • ベンチャー企業設立前のビジネスプランが大事

ベンチャー企業設立の際に知っておくべきことについて、順に説明していきます。

出資者が重要なポイント

ベンチャー企業設立の際は、出資者がいるかどうかが、重要なポイントです。

ベンチャー企業の創業アイデアが、新しければ新しいほど、それを支援するベンチャーキャピタルなどの出資者が必要です。

新しい事業であるほど、最初のうちに収益に結びつけることは、難しいことがあるからです。

収益が出るまでの間、事業を続けられるだけの資金を、最初の内、出資者から受けられるかどうかが、成功のポイントです。

ベンチャー企業は、大手企業に買収される場合もある

ベンチャー企業は、大手企業から買収される場合がある事を知っておく必要があります。
ベンチャー企業設立直後で、まだ成長途中であっても、大手企業から買収される可能性があります。

例えば今では大きくなったインスタグラムも2010年当初は、社員13名で、売上高もほとんどゼロの状態でしたが、Facebookから約810億円で買収されています。

買収された場合は、世の中に広まるというメリットもありますが、自分の裁量で行えないというデメリットも発生してしまいます。

ベンチャー企業設立後は、大手企業に買収される可能性があることを知っておきましょう。

ベンチャー企業は、設立前のビジネスプランが大事

ベンチャー企業は設立前のビジネスプランが、大事です。

ベンチャー企業が軌道に乗り、成功するかどうかは、設立前のビジネスプランがしっかりしているかがキーとなります。

ベンチャー企業の創業アイデアが、現実的に実行可能かどうか、収益を出せるのか、マーケティング的に上手くいくのかなどについて検討していく必要があります。

ベンチャー企業のビジネスモデルは、それまでの企業がやっていないため、より一層綿密にビジネスモデルを作っていく必要があるのです。

会社設立の代行費用0円、個人事業主とのメリットデメリット流れと手順

ベンチャー企業設立に向いている人

ベンチャー企業設立に向いている人は、以下のような人です。

  • 社会に新たな価値を提供したいと思っている人
  • 自分の力で切り開きたい人
  • ハプニングや問題に対して対処できる人

ベンチャー企業設立に向いている人の特徴について、順に説明します。

社会に新たな価値を提供したいと思っている人

社会に新たな価値を提供したいと思っている人は、ベンチャー企業の設立に向いています。

売上を上げ、儲けるということだけでなく、社会に新たな価値を提供したいという思いがある人は、ベンチャー企業設立に向いているのです。

最近ではIT技術、VR技術、AI技術などの進歩により新たな価値を提供することが可能になっています。

世の中で新しいものを提供しようという気持ちのある人は、ベンチャー企業設立は向いているしょう。

自分の力で切り開きたい人

自分の力で切り開けたいという人は、ベンチャー企業の設立に向いています。

自分の力で、1から価値を作っていきたいという人は、ベンチャー企業の設立に向いているのです。

ベンチャー企業を設立しようとすると、さまざまな問題が発生しますが、自分の力で切り開く力がある人は、その問題を乗り越えていけるでしょう。

ハプニングや問題に対して対処できる人

ハプニングや問題に対して対処できる人は、ベンチャー企業の設立に向いています。
新しい価値を創造するベンチャー企業においては、さまざまなハプニングや問題がつきものです。

起きる問題に対して、冷静に判断し、対処していくだけの力がある人は、ベンチャー企業の設立に向いています。

ベンチャー企業の設立直後において、従業員数の拡大や共同経営者との人間関係など、さまざまな問題が起こります。

新しい価値を提供していくという強い思いと共に、問題を解決していく解決能力がある人がベンチャー企業の設立に向いています。

会社設立の代行費用0円、個人事業主とのメリットデメリット流れと手順

ベンチャー企業設立して、ストックオプションを採用する

ベンチャー企業を設立後に、ストックオプションを採用する企業も多くあります。
ストックオプションとは、株をある一定の価格で購入できる権利のことを言います。

ストックオプションをベンチャー企業の報酬の一部として利用できます。

ベンチャー企業が、上場などにより株価が上がる際に、ストックオプションを持っていれば安い価格で株を購入できます。

例えばストックオプションで、株価1万円で購入できる権利を持っていたとします。
ベンチャー企業の株が10万円に上がった時に、ストックオプションを行使すれば、1株あたり9万円の利益を得られます。

ベンチャー企業の報酬として、ストックオプションが有効です。

【まとめ】新しい価値を提供したい人は、ベンチャー企業設立しましょう

ベンチャー企業の設立とは、新しい技術や新しいアイデアを使って、人々に新しい価値を提供することです。

ベンチャー企業と似た呼び方で、スタートアップ企業というものがあります。
スタートアップ企業とはベンチャー企業の中でも、特に会社設立して間もない会社のことを言います。

ベンチャー企業のメリットは、成長できる機会が多い、固定概念なくルールを作れる、ベンチャー企業において新しいサービスや商品を生み出せるということなどがあります。

ベンチャー企業設立のデメリットとしては、人手不足になる場合がある、社長のワンマン経営になる可能性がある、企業運営が安定していないなどがあります。

ベンチャー企業設立の際に、知っておくべきことは、出資者がとても大切なポイントであることや、ベンチャー企業が成長途中だとしても、大企業に買収される可能性があることを知っておくことです。

ベンチャー企業設立を成功させるには、設立前のビジネスプランが大事です。

設立手数料0円の会社設立サポート

ベンチャー企業設立の際には、多くの必要書類を準備し、さまざまな申請する必要があり、専門家にお願いしたほうが安心です。

当社であれば、代行費用0円で、合同会社や株式会社設立サポートできます。
無料で納得がいくまで何度も相談もできます。

会社設立までは、対面相談でもオンライン相談でもできます。
合同会社の設立の場合には6万円、株式会社設立の場合は20万2,000円から行えます。

司法書士に依頼して、会社設立した場合よりもちろん安いですし、ご自分で会社設立する場合よりも安く済みます。

会社設立サポート

LINEでの会社設立相談はこちらから
会社設立の代行費用0円、個人事業主とのメリットデメリット流れと手順
>会社設立バイブル

会社設立バイブル

家にいながらオンラインで簡単に会社設立!

外出自粛に完全対応します! コロナショックの今だからこそ、動いて準備するか、そのままでいるかで、きっと一年後に大きな差となります。 まずはお気軽にお問い合わせください。

CTR IMG